LCMS™-8060

高速液体クロマトグラフ質量分析計

Solutions

Solutions

LCMSを用いたカテコールアミン3分画の一斉分析例を示します。カテコールアミン3分画は高感度分析の代表例で,ノルアドレナリン(ノルエピネフリン),アドレナリン(エピネフリン),ドーパミンの3成分の血漿中濃度を定量します。血漿マトリクスには内在性のカテコールアミンが含まれているため,実試料における定量下限の評価が難しくなっています。そこで,本来内部標準として一定量添加するノルアピネフリン,エピネフリンおよびドーパミンの重水素標識化合物(重水素体)を,あえて段階希釈し,マトリクス検量線を作成しました。また,標識化合物をHPLC移動相で段階希釈した標準サンプルと,市販ヒト血漿を固相抽出処理してから標識化合物を添加したサンプルとを,それぞれ測定しました。LCMS-8060を用いた分析により,超低濃度のカテコールアミンであってもマトリクスの影響を受けずにピーク検出可能であることが示唆されました。

カテコールアミン3分画のピーク検出例

カテコールアミン3分画のピーク検出例

化合物名 検量線 マトリクス検量線
検量線範囲
(pg/mL)
寄与率
(r2)
検量線範囲
(pg/mL)
寄与率
(r2)
ノルエピネフリン-d6
(158.1 > 111.1)
2.5 – 2000 0.9999 2.5 – 2000 0.9997
エピネフリン-d6
(190.1 > 172.1)
10 – 2000 0.9999 10 – 2000 0.9994
ドーパミン-d4
(158.1 > 95.1)
5 – 2000 0.9999 10 – 2000 0.9995
血漿試料にスパイクしたカテコールアミン3分画および重水素体(内部標準)のピーク検出例

血漿試料にスパイクしたカテコールアミン3分画および重水素体(内部標準)のピーク検出例

本アプリケーションの詳細はApplication News C114「血漿中カテコールアミンの定量分析」(会員制サイト)をご覧ください。

Top of This Page