Nexera UC アプリケーション例

 

アプリケーションデータ 新着情報

 

Technical Report
超臨界流体クロマトグラフィー

近年、カラムテクノロジーの進歩により、液体と比較して低粘性・高拡散性などの特性を持つ超臨界流体を移動相として用いる超臨界 流体クロマトグラフィーが改めて注目されています。ここでは超臨界流体クロマトグラフィーの基本原理からNexera UC システムを用い た高速高分離分析例や光学異性体の分離分析についてご紹介いたします。

Technical Report
オンライン超臨界流体抽出-超臨界流体クロマトグラフィー(online SFE-SFC)

オンラインSFE-SFCシステムは、超臨界流体抽出(SFE)後、直接超臨界流体クロマトグラフィー(SFC)により分離する技術です。オンラインSFE-SFCにより、前処理の自動化や、不安定な化合物の抽出および分析が可能になります。ここではオンラインSFE-SFCの基本原理から“Nexera UC オンラインSFE-SFC システム” の特長、抽出分析例についてもあわせてご紹介します。

 

Technical Report
オフライン超臨界流体抽出による前処理の効率化

一般的に、 HPLC、SFC やGCなどの分離分析においては前処理操作が必要なことが多く、固体試料の抽出は溶解法や固液抽出法などを用います。固液抽出法は、抽出に時間を要し、抽出器などの洗浄・準備など抽出操作以外でも手間がかかります。一方、超臨界流体による抽出法は、超臨界流体の高い溶解性や浸透性などの特長により、固体から目的成分を高い効率で抽出でき、かつ抽出操作の自動化が可能です。ここでは“Nexera UC SFE 前処理システム” を用いた分析前処理の効率化についてご紹介します。

 

Technical Report
Nexera UC/s UHPLC/SFC切換システムによる分離向上とメソッド開発の効率化

UHPLCとSFCを統合させたNexera UC/s UHPLC/SFC 切換システムは、1システムでUHPLC 分析とSFC分析の両立が可能です。製薬、食品および環境などさまざまな分野では、キラル化合物や構造異性体の分離など多様な分離手法が求められています。
SFC はUHPLCと分離特性が異なるため、このような異性体の分離を改善する可能性があります。ここでは、Nexera UC/sを用いたメソッド開発事例をご紹介します。

 

Technical Report
超臨界流体クロマトグラフィーを用いた蛍光物質の異性体分離 ~分離に影響を与えるパラメータ~

ヒト患者体内の微小がん部位を短時間で検出するために、がん部位選択的なバイオマーカー酵素と反応することで初めて蛍光を発する分子である蛍光プローブの研究・開発が行われています。蛍光プローブの母核として汎用されているローダミンやフルオレセインは、典型的な方法で置換基が導入された分子を合成すると、ベンゼン環部位の置換位置が異なる異性体が生成されます。Nexera UCを用いた蛍光物質:カルボキシテトラメチルローダミンの異性体分離に影響を及ぼす要因についてご紹介します。

Top of This Page

お問い合わせ