Smart Metabolites Database

「Smart Metabolites Database」は,代謝物測定を支援するGC/MS,GC-MS/MS用のデータベースソフトウェアです。旧版のGC/MS代謝成分データベース Ver.2から,さらに血液・尿・細胞等のバイオロジカルサンプルに含まれる代謝物の登録数を増強しました。特にGC-MS/MSの登録成分を大幅に増加し,475成分のMRMによる代謝物一斉分析が可能です。

 

特長

“バイオロジカルサンプル”に含まれる代謝物の登録数を増強
血液,尿,細胞等のバイオロジカルサンプルに含まれる代謝物を中心に登録したGC/MS,GC-MS/MS用データベースです。より多くの代謝物を正確に同定できます。また主要な22種の代謝物の安定同位体情報も登録しており,内部標準として使用できます。

微量成分検出を可能にするMRMによる475成分の同時測定
本データベースは,GC-MS/MSに対応した世界最大の代謝物データベースです。GCMS-TQシリーズで測定することにより,高感度, 高分離なMRM分析が可能です。メタボロミクスで取扱うサンプルには,多くの代謝物や多様なマトリックスが含まれているため,それらの成分が重なり測定が難しい化合物があります。質量分離を2回行うMRM測定は,上記の影響を排除できるため,従来のスキャン,SIMでは検出できない成分を検出できます。さらに,より正確な定量情報を取得可能です。

“Ready to Use Method” をご提供します
GC条件や各化合物に対する最適なスキャン及びMRMの測定パラメータがメソッドに予め登録されています。また,保持時間を予測計算するための保持指標も登録されており,代謝物の標準試料がなくても分析を開始できます。

“SmartMRM®”によるデータベースからの自動メソッド作成
データベースに登録されている化合物から測定したい化合物を選択するだけで,「スキャン」,「SIM」,「MRM」及びそれらの複合モードの測定メソッドとデータ解析メソッドを自動的に作成できます。

用途

  1. 血液,細胞や尿中のメタボローム解析
  2. 先天性代謝異常症やがん等の疾患メタボロミクス研究
  3. 植物のメタボロミクス研究
  4. 食品中に含まれる脂肪酸・有機酸・アミノ酸の測定

機能

スキャンメソッドを用いた測定

スキャンメソッドには測定対象化合物のマススペクトル情報が登録されていますので,容易に化合物同定を行うことができます。また,ライブラリに登録された保持指標とマススペクトルを用いた類似度検索も可能です。

スキャンモードを用いた細胞分析例

MRMモードを用いた微量成分測定

MS分離能に優れたMRMは微量成分を正確に定量するのに非常に有効な手法です。

MRMモードによる血漿分析例

MSによる分離を2回行うことにより,妨害成分の影響を除去し,正確な定量を行うことができます。さらに,スキャン,SIMに比べ化合物の同定が容易になります。

Top of This Page

お問い合わせ