DI-2010

GCMS-TQシリーズ,GCMS-QP2020/QP2010シリーズ用 直接試料導入装置

1. 難揮発性化合物や熱的に不安定な化合物の分析に有効です

DI-2010

直接試料導入法は,サンプルをガスクロマトグラフ(GC)に通さずイオン源に直接導入する方法です。 そのため,GCでは分析が難しい難揮発性化合物や,熱的に不安定な化合物を分析することができます。 また,サンプルの純度が高い場合は,ガスクロマトグラムの条件を検討する必要がなく,簡単にマススペクトルが得られます。 CI,NCI分析にも対応可能です。

直接試料導入によるReserpineの分析

直接試料導入によるReserpineの分析(EI)

2. 樹脂や材料関連の試料の分析が可能です(最高 500℃まで昇温可能!)

DI-2010では,直接導入プローブを5段階までのプログラム昇温により最高500℃まで昇温可能です。 樹脂や材料関連の試料など幅広い化合物にも適用できます。 また質量範囲が m/z 1024 までカバーしていますので,分子量の大きい成分の分析にも有効です。

PETの分析

直接導入法によるPETのEIマススペクトル

3. ガスクロマトグラフのカラムを取り付けたまま,直接試料導入分析ができます。

4. EIイオン化法をはじめ,CI,NCIイオン化法でもマススペクトルが得られます。

*CI・CI/NCI付きモデルで対応可能

5. 操作は簡単です。

  1. 試料を導入プローブにセットします。
  2. プローブを簡単挿入。
  3. イオン源まで挿入します。
  4. GCMSsolutionから温度制御を開始し,データを採取します。

Top of This Page