GC×GCシステム

Ultra-e

 GC×GCシステムは,包括的2次元クロマトグラフィー(GC×GC)のデータ採取を可能にします。 複雑なマトリックスから目的物質の分離,2次元クロマトグラムのパターンからのタイプ別分析なども行えます。

GC×GCシステム例

用途

 マトリクスが多く,通常のGCやGCMSでは分析が難しい天然物などの分析に力を発揮します。

  • 食品
  • 香料
  • 環境
  • 石油化学   など

特長

重なったピークを分離

重なったピークを分離

1次元クロマトでは沸点が近くて,分離できなかったピークが極性の違いによって分離できます。
今まで,マトリクスが多く分離が困難であった成分の分析が可能になります。

化合物構造を反映したイメージパターン

GC×GCでは化合物構造を反映したイメージパターンがあらわれ,多成分混合物のグループピング分析に力を発揮します。

軽油の分析
ベンゼン環の数や炭素数の数に対応したパターンが現れています。

GCMS-QP2020/QP2010 Ultraの高速性が分離を改善

GCxGCでは高速サンプリングが要求されます。20,000 u/secというGCMS-QP2020/QP2010 Ultraの高速性がピークの分離を向上させます。

包括的ガスクロマトグラフィ解析ソフトウェア ChromSquare

包括的ガスクロマトグラフィ解析ソフトウェア ChromSquare

GCsolution,GCMSsolutionで採取したGC×GCデータを直接読み込み,2次元イメージに変換,データの定性や定量を行います。グルーピングやレポート作成も簡単に行えます。

  ChromSquare   





* ChromSquareは,イタリア Chromaleont S.r.l. の製品です。
* ソフトウェアとして,米国Zoex社の”GC Image”もご紹介できます。 詳しくは,当社営業,代理店にお問い合わせください。

Top of This Page