重なったピークを分離

重なったピークを分離

1次元クロマトでは沸点が近くて,分離できなかったピークが極性の違いによって分離できます。
今まで,マトリクスが多く分離が困難であった成分の分析が可能になります。

化合物構造を反映したイメージパターン

GC×GCでは化合物構造を反映したイメージパターンがあらわれ,多成分混合物のグループピング分析に力を発揮します。

軽油の分析
ベンゼン環の数や炭素数の数に対応したパターンが現れています。

GCMS-QP2020/QP2010 Ultraの高速性が分離を改善

GCxGCでは高速サンプリングが要求されます。20,000 u/secというGCMS-QP2020/QP2010 Ultraの高速性がピークの分離を向上させます。

{"title":"\u30c0\u30a6\u30f3\u30ed\u30fc\u30c9","description":"\u6700\u65b0\u306e\u30ab\u30bf\u30ed\u30b0\u306a\u3069\u3092\u30c0\u30a6\u30f3\u30ed\u30fc\u30c9\u3067\u304d\u307e\u3059\u3002","source":"product","key":3278,"max":30,"filter_types":["brochures"],"link_title":"View other Downloads","link_url":"","pdf_links":[]}