Plastic Analyzer

フーリエ変換赤外分光光度計プラスチック分析システム

異物分析(加工品中の異物)

メッキ加工品中の半透明淡褐色異物を測定しました。異物の赤外スペクトルは標準ポリエチレン(PE)と比べてスペクトル形状が変化していることがわかります。

Plastic Analyzer では、加熱されたポリエチレンがヒットしました。
劣化ライブラリによりプラスチック異物の熱履歴の推定にも役立ちます。

異物分析
Fig.1

異物分析
Fig.2

劣化試料の評価

プラスチックは熱や光のエネルギーにより分子切断や架橋などを伴いながら劣化するため、故障解析・不良解析では劣化した試料の物性解析が求められます。


Fig.3にはポリプロピレン(PP)に紫外線を照射した赤外スペクトルを示していますが、紫外線照射により樹脂劣化が起こり、赤外スペクトル形状が変化していることがわかります。
Fig.4には、長時間屋外で紫外線に暴露された白色プラスチック(材質はPP)をPlastic Analyzerで測定し、検索した結果を示します。
紫外線暴露された試料の赤外スペクトルは標準品の赤外スペクトルとは異なるため、一般的なライブラリでの検索では上位にポリブテンなど、異なったプラスチックがヒットします。一方、Plastic Analyzerでは紫外線劣化したポリプロピレンが上位にヒットしました。

劣化試料の評価
Fig.3

劣化試料の評価
Fig.4

 

Top of This Page