LabSolutions IR

フーリエ変換赤外分光光度計用データシステム

タイムコース測定

試料を一定の時間間隔で継続して測定し,スペクトル全体の形状の変化や,特定のピークの大きさの変化を示すタイムコースグラフを表示し,試料の反応追跡,時間変化などを測定するプログラムです。ピーク高さや面積の他に,それらからさらに計算された値,定量値から変化を追跡することができます。測定終了後,データは3次元データとして保存され,俯瞰図または等高線表示できます。また,パラメータを変更してタイムコースグラフを再計算できます。
測定間隔は,分解,積算回数,ミラー速度によって変わりますが,8cm-1,1回積算,ミラー速度9mm/秒の条件では最短で7秒です。
タイムコース測定プログラムには,3次元処理プログラムを含みます。

マッピング測定

島津赤外顕微鏡AIM-8800と組み合わせて,試料の表面の吸収分布をマッピングします。
合成された可視画像上でマッピングする範囲,測定間隔,バックグラウンド位置などのマッピングパラメータを設定することが可能です。エリアマッピング,ラインマッピング,ランダムマッピングができます。
また,一般的な透過・反射モードでのマッピングのほかに顕微ATRマッピング測定も可能です(ATR対物鏡はオプション)。
得られたマッピングデータからスペクトルの抽出,特定のピークによる官能基マップの計算などができ,データは3次元,等高線,スペクトルの重ね描きで表示することができます。
※ マッピング測定プログラムは,3次元処理プログラムを含みます。

PLS定量

PLS(Partial Least Squares)定量法はケモメトリックスの1つの手法で,重回帰分析法と同様に多成分同時定量法として広く使われています。PLS定量プログラムには,PLS l,PLS II法が用意されています。入力値対算値,PRESS値対PLS因子,ローディングベクトル,スコアー値などの表示が可能で,PLS法で求めた回帰式に対する解析が行えます。

波形分離

通常赤外スペクトルの吸収帯は幾つかのピークが重なり合って構成されています。波形分離プログラムを用いることにより,吸収帯を個別のピークに分離することが可能ですので,水素結合を受けたピークの分離や吸収帯に隠れている官能基のピークの確認などが行えます。
分離に用いる波形として,Gaussian,Lorentzianなど6種類が用意されており,吸収帯のピーク形状に応じて適切な波形の選択が可能です。分離された個別のピークと同時にそれらを合成したスペクトルが表示されますので,波形分離の精度が確認できます。

3次元処理

3次元処理プログラムには,以下の機能があります。

データの表示方法の変更

  • 鳥瞰図(3次元)表示,強度分布/等高線表示,スペクトル重ね描き,回転

3次元データのデータ処理

  • 特定の波数の変化を切り出し
  • データ切り取り,データ点数間引き処理,スムージング,ゼロベースライン,バックグラウンド補正,規格化処理,対数変換,一次微分,二次微分,ATR補正

スペクトルから3次元データの作成

  • 繰り返し測定などにより一定間隔で測定されたスペクトルを順番に並べて3次元データを作成します。

※ 3次元処理プログラムでは,マッピング測定や赤外顕微鏡AIM-9000シリーズの制御はできません。

CLASS-Agent接続キット

LabSolutions IR(ファイル管理版)と組み合わせて使用する接続キットです。既存のCLASS-Agentシステムと組み合わせて,LabSolutions IRで測定された結果をデータベース上で管理することができます。分析データの作成(測定),検討,承認,保存,閲覧,バックアップ,廃棄といった記録のライフサイクルに対応したデータ管理を実現します。
CLASS-Agentマネージャのほかに,汎用Agentが必要です。

※ CLASS-Agentデータベースに登録できるデータは,スペクトルデータのみで,マッピング・タイムコースデータや検量線・定量結果は登録されません。

マクロプラットホーム

カスタマイズしたマクロプログラムを弊社が作成させていただきます(有料)。マクロプラットホームはカスタマイズしたマクロプログラムを動作させる際に必要となります。簡単マクロプログラム機能で実現できない手順やオートサンプルチェンジャーなどと組み合わせた自動測定システムなどの要望がありましたら,弊社担当者にお問い合わせください。

Top of This Page