LabSolutions® UV-Vis

紫外可視分光光度計制御システム

SHIMADZUのUVがあなたの仕事をより早く,より簡単に

SHIMADZUのUVがあなたの仕事をより早く,より簡単に

Simple 誰でも使える,今日から使える
SHIMADZUのClearなデザインは,
はじめての方でも操作に迷わないわかりやすさと,
毎日使える便利な機能を両立させました。

Smart 品質管理を最適化
スペクトルの良否を自動的に判定。
品質管理の日常業務を強力にサポートします。

Seamless 測定データの移行が簡単
テキスト出力やExcelへのデータ転送を自動化。
他のアプリケーションでの解析に便利です。

※ LabSolutions UV-Visは最新のオプションソフトウェアです。
 UV-1900,UV-2600/2700,UV-3600 Plus,SolidSpec-3700/3700DUVには標準でUVProbeソフトウェアが付属しています。

Simple 誰でも使える,今日から使える

はじめて起動した日から,やりたいことができる。
操作に迷わない。ユーザーのそんな期待に応えました。

SHIMADZUのClearなデザイン

SHIMADZUのClearなデザイン

4つの測定モード

  • スペクトル測定,定量測定,フォトメトリック測定,タイムコース測定の4つの測定が可能です。
  • 異なる測定アプリケーションを同時に起動できますので,タイムコース測定中にスペクトルのデータ解析を行うことも可能です。

4つの測定モード

測定

  • 測定後の波形の補正,ピーク検出,印刷が自動で行えます。
  • これから分析する検体のサンプル名を事前にまとめてCSVファイルから読み込めます。
  • 定量測定,フォトメトリック測定ではサンプルの再測定が可能です。

測定

グラフ

  • スペクトルグラフの横軸は,波長,波数,エネルギーから選べます。
  • グラフスケールの微調整がワンクリックで行えます。
  • グラフをビットマップイメージとして簡単に他のアプリケーションに貼り付けることができます。

グラフ

レポート

レポート

Smart 品質管理を最適化

ほしかったのは,測定結果でもなく,解析結果でもなく,判定結果。
製品の品質を守り続けるすべてのユーザーを支援します。

スペクトル評価機能

スペクトル評価機能

評価方法は豊富な選択肢から選べます
パラメータ設定画面
  • 評価条件はファイル保存できます。
  • 測定から判定までを自動的に行えます。
  • 評価結果はワンクリックでレポート印刷。

事例1:医薬品開発における確認試験

事例1:医薬品開発における確認試験
  • 270〜280 nmの間にピークが存在すること。
  • 320 nmより長波長側にピークが存在しないこと。
  •  260~300 nmの間にピークが一つだけ存在すること。
  • ピーク強度が0.45 abs以上であること。

事例2:UVカットフィルタの品質検査

事例2:UVカットフィルタの品質検査
  • 透過率50 %を上回る最初の波長が550 nmより短波長側にあること。
  • 400 nm以下の最大透過率が1.0 %以下であること。
  • 550 nm以上の最小透過率が80.0 %以上であること。
  • 550 nm以上の平均透過率が85.0 %以上であること。

色の解析 (オプション)

  • 評価機能にカラー計算を追加できます。
  • JISに加え,国際規格ISOに対応した計算も可能です。

色の解析 (オプション)

Seamless 測定データの移行が簡単

測定データをすぐにテキスト形式で取り出し,別のソフトウェアに取り込みたい。
Excelで解析したい。だから,測定,即,テキスト。

Seamless 測定データの移行が簡単

まだまだある便利な機能

スキャンの所要時間を予測

スキャンの所要時間を予測

濃度をリアルタイム表示

濃度をリアルタイム表示

ピーク検出の最適パラメータを自動設定

ピーク検出の最適パラメータを自動設定

データ処理テーブルの転送も簡単

データ処理テーブルの転送も簡単

LabSolutions UV-Vis対応UV装置

LabSolutions UV-Visに対応する当社紫外可視分光度計ラインアップ

ExcelはMicrosoft社の登録商標です。

Top of This Page