LabSolutions CS

分析ネットワークを自由にアクセス

快適な操作環境

LC,GCと同じソフトウェアで制御可能

LC,GCを統合的に操作できるため,機種ごとのソフトウェア操作に習熟する必要がありません

LabSolutionsでは,LCとGCを同じソフトウェアで操作でき,1台のPCで複数のLC装置,GC装置を同時制御できます。接続されているLC装置やGC装置を切り替えて柔軟に使用することができます。LC分析,GC分析の操作環境の共有は,ワークステーションの操作トレーニング時間を軽減します。また,LCsolution,GCsolutionの操作性は継承しています。

他社のLC装置も同じソフトウェアで制御可能※1

LabSolutions CSでは,他社のLC装置を制御することができます。分析データが装置パラメーターなどのメソッド情報とともにLabSolutionsのデータベースで一元管理されます。
また,分析データの再解析も,どのクライアントPCからでも行うことができます。

他社HPLC,GC装置の操作もLabSolutions CSでおこなえます

一目でネットワーク内の装置稼動状況を確認

LabSolutionsの装置稼動モニターは,接続している装置の使用状況や各装置の分析終了予定時間を確認できます。複数のLC装置,GC装置を同時に稼動させている場合も使用状況が一目で分かるため,装置の空き状況に合わせた分析作業のスケジュール管理に役立ちます。また,装置アイコンを分析機器室での配置に合わせるなど,自由にレイアウトすることもできます。

ネットワーク内の分析装置の稼働状況もひと目で確認

分析PC以外からでも制御・解析可能

LabSolutions CSでは,セキュリティを維持しながら場所を問わず,自由に装置アクセスできます。例えば,分析開始前は,分析機器室にあるPCで操作を行い,分析開始後は,居室のPCから運転状況の確認・装置制御,データ解析ができます。分析の進捗状況,装置制御,報告書作成等の分析業務の作業効率を高めることができます。

セキュリティを確保しつつ,クライアントPCから装置稼働状況を確認,分析データ閲覧が可能なオープンアクセス環境を実現

膨大な量のデータも素早く検索

LabSolutions LC/GC,DBでは通常分析したPCでデータを閲覧することになり,目的のデータを探すのが不便です。LabSolutions CSは,サーバーでデータをまとめて管理しているため,どこからでもデータを閲覧することができます。また,分析スケジュールで得たデータを一括して探せるなど充実した検索機能で目的のデータを素早く検索することができます。

サーバ障害時でも分析可能

一般的なシステムではサーバーがダウンすると,分析業務が継続できません。LabSolutions CSでは,サーバーに障害が発生しても,アクイジションコントローラPCから,分析実行ができます。また,サーバー復旧後に分析結果データはアクイジションコントローラPCから自動的にLabSolutionsサーバーに保存することができます。

アクイジションコントローラによるサーバ障害時の分析データ保護

マルチデータレポート作成機能

LabSolutions では,通常の分析レポート作成機能に加え,マルチデータレポート作成機能(オプション)を使用すると,さまざまな装置のデータを組み合わせた報告書を作成できます。システム適合性試験,含量均一性試験,溶出試験などのレポートテンプレートを標準で付属しており,またExcel と同等の操作環境になっていますので,規格試験などのさまざまなレポートフォーマットを簡単に作成することができます。さらに印刷の自動実行やPDF ファイルの自動生成にも対応しています。

※マルチデータレポートソフトウェアはオプションです。詳細はお問い合わせください。

LabSolutions マルチデータレポート機能(オプション)

Top of This Page