Cell3iMagerシリーズ

ラベルフリーイメージングシステム

非染色接着培養細胞の薬剤感受性評価

薬剤添加量による細胞の形態変化を正確に撮像し,生細胞群,死細胞群を自動判定しました。
4種類のがん細胞に,濃度の異なる抗がん剤 ( MG132 ) を添加しました。添加6日後に,Cell3iMager duos で画像取得し,細胞の特徴からレシピ設定を行い,生細胞群の総面積を算出しました。また,画像取得と同時に,ATPアッセイを行ない,発光量 ( RLU : Relative Light Unit ) と生細胞群の総面積 ( Area Sum ) を比較したところ,高い相関を示しました。

生細胞群総面積と,ATPアッセイの比較

3D培養(ゲル培養)オルガノイドのフォーカス合成

Zスタッキングスキャニングにより,オルガノイドのフォーカス合成を行いました。
マトリゲルドーム中で,腸管オルガノイドの3D培養を行い,培養6日目にduos2にてZスタッキングスキャニングを実施しました。50 μmピッチで画像を取得し,フォーカス合成を行うことで,マトリゲルドーム中のオルガノイドを網羅的に撮像することができました。

3D培養(ゲル培養)オルガノイドのフォーカス合成

インテリジェント自動画像判定 機械学習による自動細胞分類 ACMC

ACMC ( Automatic Cell Morphological Classification ) は,細胞形態から各種特徴量を抽出し,機械学習により研究者の判定に限りなく近い分類を行うことが可能です。

Top of This Page