メタボロミクス

メタボロミクスとは,生物が生命維持のために活動する際に産出する様々な代謝物を包括的に検出し,その結果を分析するために使用される一連の技術を指します。
代謝物は遺伝子発現情報過程の最も下流の結果であり,遺伝子や蛋白質と比較して,生物学的表現型に近接しているために絶えず変化する生命現象を直接反映します。そのため,メタボロミクスの応用は幅広い分野で使用されています。

メタボロミクスの応用

 
 

メタボロミクスの前処理(生体試料)

メタボロミクス前処理ハンドブック

生体中の代謝変動解析を行うメタボロミクスでは、質量分析計を用いて、さまざまな代謝物を測定します。生体試料を測定する前には、試料の適切な前処理が必要です。

「メタボロミクス前処理ハンドブック」では、GC-MS(/MS)及びLC-MS/MS測定時の前処理手順と前処理に使用する器具に関する情報を、豊富な写真とともに紹介しています。

 

メタボロミクスをはじめよう

「メタボロミクス」とは,病気の診断などに応用されている研究領域です。質量分析計を使って代謝物全体を分析し,生命現象を理解しようという試みです。”メタボロミクスではじめよう”では,メタボロミクスの意味から分析方法,使用する装置,さらには実際の応用例までを網羅的にやさしく解説しています(神戸大学医学部吉田先生 監修)。
<目次>

1. オミックス解析とは? 
3. メタボロミクスの特徴とは?
5. メタボロミクスでつかう分析装置 
7. 実際の測定
9. 多変量解析とは?
2. メタボロミクスとは? 
4. メタボロミクスの流れ 
6.サンプルの前処理
8. 代謝パスウェイ 
10.メタボロミクスの応用例

大阪大学・島津分析イノベーション協働研究所

当社はメタボロミクス関連技術の開発,研究の推進,技術の普及を目指して,大阪大学との協働研究所を開設しています。
協働研究所のページにも技術情報や活動の成果,学会出展予定,講習会やラボ見学情報などを掲載しています。

>> 「大阪大学・島津分析イノベーション協働研究所」

分野別Solution

Top of This Page

お問い合わせ