とうもろこし加工食品中の組換え遺伝子(GA21) の検出

とうもろこし加工食品中の組換え遺伝子(GA21) の検出

 とうもろこし加工食品中の定性PCR法による組換え遺伝子の分析例を紹介します。4種類(缶詰コーン2種,ポップコーン1種,コーンスターチ1種)のとうもろこし加工食品からDNAを抽出し,各々の抽出DNAを鋳型として,とうもろこし内在性遺伝子SSIIb検出用および組換え遺伝子GA21検出用プライマーによりPCRを行いました。次に得られたPCR産物の分析をMultiNAで実施しました。分析結果を図1に示します。
内在性遺伝子SSIIb検出用プライマーによるPCRでは,すべての加工食品サンプルならびに陽性コントロールプラスミドにおいてSSIIbに対応するPCR産物(151bp)が検出されました。加工食品由来のサンプルでは加熱によるDNAの損傷が大きく,内在性遺伝子が検出されないことがあります。内在性遺伝子が検出されていないサンプルでは,組換え遺伝子は検出不能と判定します。一方,組み換え遺伝子GA21検出用プライマーによるPCRでは,GA21に対応するPCR産物(133bp)は陽性コントロールプラスミドのみで検出され,「遺伝子組換えでない」と表示されている4種の加工食品サンプルでは検出されませんでした。
 陰性と陽性コントロールに対するエレクトロフェログラムに示されているように,鋳型量が僅か20コピーの陽性コントロールプラスミドでSSIIb遺伝子(151bp)およびGA21遺伝子(133bp)が明確に検出されています。このようにMultiNAにより遺伝子組換え食品の高感度の定性PCR分析が実現します。

図1 MultiNA によるとうもろこし加工食品中の組換え遺伝子(GA21) の分析

図1 MultiNA によるとうもろこし加工食品中の組換え遺伝子(GA21)の分析

[参考資料]
農林水産消費安全技術センター,JAS分析試験ハンドブック「遺伝子組換え食品検査・分析マニュアル」,
http://www.famic.go.jp/technical_information/jashandbook/index.html


品種判別,ノロウイルスG1&G2遺伝子増幅産物,アレルゲン物質など,DNA/RNA分析用マイクロチップ電気泳動装置,MultiNAを使った関連データはアプリケーションニュース(会員制サイト)でもご紹介しています。
 

DNA/RNA分析用マイクロチップ電気泳動装置

マイクロチップを用いた電気泳動法により,DNAやRNAのサンプルを大きさによって分離し,DNAやRNAの核酸サンプルのサイズ(大きさ)確認やおおまかな定量を行います。マイクロチップを用いることによって電気泳動分離を高速に,蛍光検出により高感度に,しかも全自動で分析することができる電気泳動装置です。


 

Top of This Page