ソリューション

電動化

欧米アジアの各国が自動車の環境規制を強化して電動化を促しており、完成車メーカーにとって電動化への戦略転換が喫緊の課題となっています。電動化には電池、モーターをはじめとして従来の自動車では駆動源として用いなかった機構部品について、新たに開発が必要とされています。電池、モーター等の部品性能は、部品に用いられる材料特性により大きく影響を受けます。材料特性の評価は組成、構造、表面特性、強度、耐久性、硬度等の様々な視点で評価が実施されています。
また、電池の安全性評価のために電池の非破壊内部観察、電池の圧壊、突き刺し試験/衝撃試験なども実施されています。

electrification

Top of This Page