正極・負極活性物質の粒度分布測定

正極・負極活性物質の粒度分布測定

正極活物質や負極活物質などの粒子の大きさの分布を測定します。レーザー回折・散乱法と紫外線半導体レーザー光源(波長375nm)を採用することにより,10nm~300μmの粒度分布測定を行うことができます。高濃度サンプル測定システムや,1秒間隔でデータを蓄積するソフトウェアなどオプションも充実しています。

 
ナノ粒子径分布測定装置 SALD-7100
Top of This Page