UV-2600/2700

幅広い分野に活用できるコンパクトで高性能な中級機

UV-2600/2700

 UV-2600/2700は,測定対象に合わせて自由に拡張でき,幅広い分野でお使いいただける分光光度計です。
 UV-2600は,オプションの積分球を追加すると近赤外領域まで測定が可能となります。 UV-2700は,吸光度8の測定が可能で,透過率の低い試料の測定に最適です。
 バリデーションソフトを標準装備しましたので,日々の点検や,データの精度が気になったときなど,簡単に装置の状態をチェックできます。また,サイズダウンと省エネも実現し,さらに使いやすい分光光度計になりました。

吸光度8の測定が可能 ダブルモノクロメータ UV-2700

UV-2700データ

 吸光度8の測定が可能です。0.000001%(1億分の1)の透過率を正確に判別できますので,偏光フィルムの透過特性の評価にも活用できます。
 また,高濃度試料も希釈せずに測定できますので,省力化にも寄与します。

 右図は,過マンガン酸カリウム水溶液の濃度と吸光度の関係です。吸光度8まで良好な直線性を示しています。

過マンガン酸カリウム水溶液のスペクトル比較
 KMnO4(過マンガン酸カリウム)水溶液を測定したスペクトルです。従来機と比較して高吸光度まで測定可能となりました。

超低迷光を実現

超低迷光を実現する 自社製回折格子”ローレライグレード”を搭載しています
 回折格子の生産工程において,島津が保有するホログラフィック技術に,新たに独自の工法を開発。エッチング工程を最適化することにより,高効率のまま,迷光の極めて低い回折格子の製造に成功しました。新設計の光学系にこのローレライグレードの回折格子をダブルで搭載することにより,他にはない超低迷光を実現しました。

近赤外領域の測定が可能   シングルモノクロメータ UV-2600

広がる測定範囲

 オプションの積分球付属装置(ISR-2600Plus)を使用すると,220~1400nmの波長範囲まで測定が可能になります。
 太陽電池用反射防止膜,多結晶シリコンウェハなどの測定に対応できます。

多結晶シリコンの透過測定

多結晶シリコンの透過測定です。1400nmまで測定できるためバンドギャップ域(1000nm近辺)の透過特性が良くわかります。

反射防止膜の相対拡散反射測定

反射防止膜の反射測定です。相対反射の測定も紫外域から近赤外域まで測定が可能なので,可視域の反射が抑えられていることが良くわかります。

サイズダウンと省エネを実現

450mm幅のコンパクトサイズ

 幅を120mm,奥行きを60mmカットし,従来機*と比べて28%もの省スペース化を実現しました。また,冷却ファンを側面に配置することで背面をスッキリさせました。壁に接して置くことができ,限られたスペースを有効に活用いただけます。
 消費電力は,190VAから170VAに低減させました。10%の省エネを実現しています。

 * 従来機:UV-2450/2550

GLP/GMPを支援するバリデーションソフトを標準装備

UV Performance Validation

 バリデーションソフトウェアは,装置の性能確認とその記録をお手伝いするソフトウェアです。UV-2600/2700では,これまでオプション扱いだったバリデーションソフトを標準装備し,イージーメンテナンスを実現。日々の点検や,データの精度が気になったときなど,簡単に装置の状態をチェックできます。

  • 検査の結果は印刷できるだけでなくファイルに保存でき,後で呼び出して確認することができます。
  • 検査条件も定期点検や日常点検ごとにファイルとして保存しておき呼び出して使用できます。
  • JIS K0115 吸光光度分析通則にある装置の性能表示の確認,並びに日本薬局方一般試験法,EPの各検査を選択して行うことができます。(検査用の治具や試薬は別途ご用意ください)

多機能で操作性のよいソフトウェア UVProbe

UVProbe画面

 UV制御ソフトウェアUVProbeは,測定からレポートまでの機能が用意されたオールインワンソフトウェアです。
 また,ユーザー認証や権限設定などのセキュリティ機能やデータ処理時の履歴を残すオーディットトレイル機能といったGXPをサポートする機能も充実しています。

Top of This Page