DSES-1000

軟質試料用長ストローク変位計

長ストローク変位計は,さらに使いやすく高精度に

軟質試料用長ストローク変位計 DSES-1000

DSES-1000は,ゴムなどの軟質材料の引張試験において,破断までの変位計測が可能な長ストローク接触式変位計です。
試料の上下標線位置にアームをワンタッチでクランプさせ,試料の伸びを上下アームがそれぞれ個別に追従します。

各種ゴム引張試験規格(JIS K6251:2010,JIS K6272:2003,JIS K6254,ISO 37:201,ISO5893:2002,ASTM D412-06a,GB/T528-2009)に対応しています。

島津材料試験機AG-X plusシリーズ,AG-Xシリーズ,AGS-XシリーズEZ-Xシリーズに対応。
材料試験オペレーティングソフトウェアTRAPEZIUM X,TRAPEZIUM LITE Xと完全に連動します。

最大移動距離1000mm

最大移動距離1000mm
標線間距離(GL)10mmで4000%伸び,GL20mmで2000%伸びまで,GL25mmで1600%伸び,GL40で1000%伸びまで計測可能。
アームフローティング機構(特許出願中)により,アームが外れず安定した試験ができます。


相対精度±0.2%の伸び測定精度
測定変位50~1000mmにおいて,±0.2%の精度を実現。長ストロークを高精度で測定できます。

ワンタッチクランプ

ワンタッチクランプ
横方向からのワンタッチクランプ機構により,試験片と伸び計装着位置のセンタリングが楽になりました。
伸び計にあらかじめ試験片を取り付けて,チャッキングすることもできます。
※AG-X plus,AGS-Xにはオプションで左退避機構があります。

各種ゴム引張試験規格に対応

JIS K6251:2010,JIS K6272:2003,ISO 37:201,ISO5893:2002,ASTM D412-06a,GB/T528-2009 各種ゴム引張試験規格に対応

サイクル試験にも対応

,JIS K6254 サイクル試験にも対応

仕様

型式 DSES-1000
測定方式 ロータリエンコーダによるポジションカウント方式
最大移動距離 1000 mm
測定精度 ±100 µmまたは変位量の±0.2 %の,どちらか大きい方。
測定精度保証範囲 変位 : 10 ~ 1000 mm  温度 : +10 ~ +35℃
適応試験片 平板状試験片 幅1.0 ~ 30 mm 厚み 0.5 ~ 15 mm
円柱状試験片 直径0.5 ~ 15 mm
(直径3 mm以上でより線など,ねじれる試験片のときは,オプションのV溝エッジをご使用ください)
標線間距離(GL) 10 ~ 200 mm 標準付属標線間設定棒 10 mm,20 mm,25 mm,40 mm
標線間距離精度 ±100 µmまたは設定値の±0.2 %の,どちらか大きい方。
最大追従速度 3000 mm/min
大きさ,質量 AG-X,AGS-Xシリーズ用 H1328 × W400 × D306 mm,14.2 kg
EZ-Xシリーズ用 H1440 × W120 × D261 mm,12.5 kg
所要電源 DC 5 V,220 mA (材料試験機本体より供給)
対応装置 AG-X plusシリーズ,AG-Xシリーズ,AGS-Xシリーズ,EZ-Xシリーズ
※上記以外の装置に接続される場合は別途お問い合わせください。
オプション品 標線間距離設定棒 50 mm,75 mm,100 mm,150 mm,200 mm,0.5 inch,1 inch,2 inch
エッジ 円弧状エッジ V溝エッジ(円柱状試験片用エッジ)
把持力調整バネ 低把持力用引張バネ

長ストローク変位計ラインアップ

Class0.5
ビデオ式非接触伸び幅計 TRViewX

ビデオ式非接触伸び幅計 TRViewX

CCDカメラによる試験片の画像を処理して,試験片の標点間伸びを計測する高精度の非接触伸び計です。金属・ゴム・プラスチック・木材などあらゆる材質に適応し,高精度,広範囲の伸び計測が出来ます。

Class0.5
自動伸び計 SIEシリーズ

自動伸び計 SIEシリーズ

金属などの硬質材料や,プラスチックなどの軟質材料の試験片の伸びを高い精度で広範囲に測定する接触式伸び計です。

当社が認定したエコプロダクツplusです。
消費電力 当社従来機種比45%削減
 

Top of This Page