曲げたわみ計 ISO178, ASTM D790, JIS K7171対応型

プラスチックなどの樹脂材料の曲げ試験は,引張試験に次いで非常に汎用的に実施される強度試験です。
プラスチックの曲げ試験は,ISO178,ASTM D790,JIS K7171と主要な規格に試験方法が規定され,規格準拠のためには高精度な試験システムが必要です。上記規格では,試験初期の微小ひずみ領域である弾性域 から塑性域まで曲げたわみ計を必要とした高精度な曲げひずみ計測が必須とされています。
島津製作所の規格準拠型曲げたわみ計は,規格で要求される精度を保証し,かつ島津製作所試験機AG-XplusシリーズAGS-XシリーズEZ-Testに簡単に取り付けることができ,制御ソフトウェアTRAPEZIUMXとも完全に連動しています。
試験片下部からの押当て方式を採用しており,レーザー式の非接触タイプと比較して試験片の色に制限がありません。
また,破断時のショックの吸収と飛散試験片の影響の回避など,試験を行うにあたっての様々な要求に対応しています。

曲げたわみ計 ISO178, ASTM D790, JIS K7171対応型

ISO178, ASTM D790, JIS K7171に対応する高い精度

曲げたわみ計

ISO178,ASTM D790,JIS K7171では,試験初期の微小ひずみ領域である弾性域から塑性域まで曲げたわみ計を必要とした高精度な曲げひずみ計測が必要となります。
特に,ISO178,JIS K7171では,試験終了までの変位計測には指示値の±1%の精度,また曲げ弾性率測定において,±3.4 μmの精度(試験片厚み:4 mmの場合)が必須となります。

試験データ

 

 

仕様概要

準拠規格 ISO 178 2010:Plastics-Determination of flexural properties
JIS 7171:プラスチック-曲げ特性の求め方
ASTM D 790:Standard Test Methods for Flexural Properties of Unreinforced and Reinforced Plastics and Electrical Insulating Materials
精度 指示値の1±%,または絶対精度±3μmのいずれか大きい方
測定範囲 0~30mm
計測方式 接触式/リニアエンゲージ式(デジタル)

※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

Top of This Page