NJ-SERVOシリーズ

電動サーボ式加振機

耐久性評価は思うがまま
様々な耐久試験システムの電動化に。

電動サーボ式加振機 NJ-SERVO

電動サーボ式加振機 NJ-SERVOは,電動モータ駆動式を採用。
専用サーボモータとストローク変位計測センサーにより,高い精度で試験制御が可能です。
また,油圧式加振機と比べてシンプルなシステム構成なため,メンテナンス性が高く,省電力,省スペースを実現します。

自動車・航空機などの輸送機の本体・アセンブリから部品単体の耐久性評価まで,複数の加振機を組合わせた多軸試験から単軸の試験,サイン波から実働波再現試験まで,幅広い試験に,高い拡張性を持って対応します。

イメージアイコン
耐久性試験に必要な性能を
電動サーボ式加振機 NJ-SERVO

■ 静的試験・動的試験において同一の試験力容量を保証(※1)
加振機容量の全領域において,静的から動的試験に対応。自由に試験条件を設定することができます。
(※1) 最大容量10kNの加振機でMin 7.5kN - Max 10kNなどの繰り返し試験も可能です。

■ 最高72cm/secの高速試験に対応
単波試験において72cm/sec,連続耐久性試験において50m/secの高速制御を実現。
低速から高速までの様々な試験に応用できます。

■ 高いピーク再現性。高精度計測・高精度制御を実現
内蔵ストロークセンサーと動的試験専用ロードセルにより,高精度な計測を実現します。
4830制御装置の高応答制御により試験ピークの高い安定性を実現しています。

電力を約75%節約します。

電動サーボ式加振機は,試験に応じて必要な出力だけの電力を使用するため,類似仕様の油圧式加振機と比べると電力消費量を大幅に削減することができます。
10kNシステムを使用した場合,電力消費量で約75%,CO2排出量として約305kgの削減が可能です。

※変位:±40mm,試験力:±2.3kNの条件で,7日間試験を実施した場合
※電力の換算係数:0.378kg-CO2/kWh
※実際に使用された場合には,設置条件・室温等により,消費電力量は異なります。

電力消費量で約75%,CO2排出量として約305kgの削減が可能
システム変更を省略化します。

電動サーボ式加振機はサーボアンプと制御装置のみで駆動可能。
油圧タイプの試験システムと比較して,太い油圧ホース・油圧源が不要になり省スペース,手軽に移動することができ,試験システム変更も容易です。
もちろんモータ駆動のため,作動油の定期交換が必要なく,油圧サーボバルブのオーバーホールも不要です。

基本システム
電動ジャッキ本体(オプション:ブラケット架台・フレーム)+ サーボアンプ + 4830制御装置(オプション:ソフトウェア)

4830制御装置とソフトウェアによる高い拡張性

より簡単,
より便利,
より高度に

制御の高い応答性と,忠実な波形再現性により,製品へ高い精度の入力波形で負荷をかけることが可能です。安定した波形入力により,高精度で再現性の高い耐久性試験や,製品の僅かな性能差の評価を行うことができます。

さらに,各種ソフトウェアを使用すれば,より複雑な制御・試験結果の保存が可能になります。

アイコンイメージ

仕様

型式 NJ-5kNV-100 NJ-10kNV-100
試験力 動的 ±5kN ±10kN
静的 ±5kN ±10kN
ストローク(全ストローク) ±100mm
(200mm)
±100mm
(200mm)
最大速度 単波:72cm/sec(無負荷) 連続:50cm/sec(無負荷,サイン波)
センサー指示精度 試験力 指示値の±0.5%,またはロードセル定格の±0.02%のいずれか大き方
ストローク 指示値の±1%,または定格の±0.1%のいずれか大き方
加振機本体寸法 L0 1080mm 1260mm
L1 730mm 750mm
L2 140mm 140mm
サーボアンプ寸法 W×H×D 700×715×552 mm 700×1250×350 mm
質量 約70kg 約110kg
所要電源 3相 200V 7kVA
単相 100V 1.5kVA
3相 200V 12kVA
単相 100V 1.5kVA
対応制御装置 4830制御装置

■5kN

5kN

■10kN

当社が認定したエコプロダクツplusです。
消費電力 当社従来機種比78%削減
 

Top of This Page