手動式定位置くさび形つかみ具

特長

手動式定位置くさび形つかみ具

 

  • 金属,プラスチック,木材,複合材料など多種多様な材料の試験に最適
  • くさびの自己締まり作用により,試験片の滑りを最小化し試験片を協力に保持
  • 最大容量300 kNの標準的なつかみ具
  • 幅広タイプのつかみ歯(50 mm)のつかみ具をラインナップ
  • つかみ具はハンドルによる手動操作
  • 丸棒,線材,高硬度の材料,複合材料など試験片に合わせて各種つかみ歯を選択可能

適応材料
プラスチック,金属,木材,複合材料

適応試験片
板材,丸棒,線材

 

手動式定位置くさび形つかみ具は,金属,プラスチック,複合材料など,さまざまな材 料の引張試験に適した用途の広いつかみ具です。前方開放式のため,試験片の挿入やつかみ歯の交換が簡単にできます。くさび作用により,つかみ歯間に試験片 をしっかりと保持でき,試験中に生じる試験片の滑りを最小限に抑えられます。

各手動式定位置くさび形つかみ具セットには,上部/下部つかみ具と平板試験片用のやすり目つかみ歯が付属します。標準つかみ具セットとして,最大容量5 kN ~ 300 kNの各セットをご利用いただけます。さらに,幅広(50 mm)やすり目つかみ歯が付属した最大容量範囲5 kN ~ 100 kN のつかみ具セットも準備しています。250 kN および300 kNのつかみ具セットには,標準で50 mmやすり目つかみ歯が付属しています。

また,丸棒,線材,高硬質材料,複合材料用に特別設計したつかみ歯もオプション品としてご用意しています。

Top of This Page