油圧式定位置くさび形つかみ具

特長

油圧式定位置くさび形つかみ具

 

  • 金属,プラスチック,木材,複合材料など多種多様な材料の試験に最適
  • つかみ具の最大容量:250 kN
  • 油圧による一定の締付け力で試験片の滑りを最小化
  • つかみ具開閉ボックスからのワンタッチ操作で試験片をチャッキング
  • 丸棒,線材,高硬度の材料,複合材料など試験片に合わせて各種つかみ歯を選択可能

適応材料
プラスチック,金属,木材,複合材料

適応試験片
板材,丸棒,線材

 

油圧式定位置くさび形つかみ具は強力で一定の把持力と前方開放式くさび形構造を兼ね備えており,プラスチック,金属,木材,複合材料の引張試験に最適です。

つかみ具キットは,上部/下部つかみ具,平板試験片用のやすり目つかみ歯,初試験力防止ユニット,油圧ユニットで構成されます。油圧ユニットにはつかみ具 開閉スイッチボックスが付いており,三相AC200 V,2.5 W の電源を使用します。油圧ユニットの最大圧力は21 MPaで,10 L/分の冷却水の給水が必要です。

初試験力防止ユニットにより,試験片を保持する際に生じる初荷重が除去されます。油圧式定位置くさび形つかみ具は保持持力が強いため,初試験力防止ユニットが必要となります。

ご注文の際には,オートグラフの最大容量とつかみ具の最大容量の両方に合ったつかみ具キットをお選びください。

その他,丸棒,線材,高硬度材料,複合材料用のつかみ歯については,「油圧式定位置くさび形つかみ具用つかみ歯」のドキュメントをご参照ください。

Top of This Page