Xctal 5000

X線観察は新たなフェーズへ

Xctal 5000 は、X線の位相変化を画像化する新しいX線CTシステムです。

従来のX線CTシステムで検出していたX線の吸収情報に加え、X線の散乱と屈折情報を検出でき、広視野での微細構造群の観察や、吸収差がないワークの高コントラスト観察を実現しました。

研究の進む繊維強化樹脂や複合材料、生体材料などの研究・開発に対応します。

一度の撮影で吸収像、散乱像、屈折像の3種類の画像が取得できます。

回折格子によるX線の干渉を利用することで、位相変化を検出できる新しい撮影方式を採用しています。 

一度の撮影で吸収像,散乱像,屈折像の3種類の画像が取得

吸収像

X線透視画像(吸収)

吸収像

「吸収像」は、従来のX線装置でも検出していたX線の吸収差を可視化した画像です。
ワーク内部の詳細な形状の観察が可能です。

散乱像

X線透視画像(散乱)

散乱像

「散乱像」は、微細構造群による散乱を可視化した画像です。最大100 mmの視野サイズでも微細なクラックの検出が可能です。
また、「繊維配向解析機能」を搭載し、広視野で繊維の流れの観察が可能です。

屈折像

X線透視画像(屈折)

屈折像

「屈折像」は、密度差を可視化した画像です。
材質の異なる樹脂製品等、吸収差がないワークでも高コントラストでの観察が可能です。

特長

More
{"title":"\u30c0\u30a6\u30f3\u30ed\u30fc\u30c9","description":"\u6700\u65b0\u306e\u30ab\u30bf\u30ed\u30b0\u306a\u3069\u3092\u30c0\u30a6\u30f3\u30ed\u30fc\u30c9\u3067\u304d\u307e\u3059\u3002","source":"product","key":4726,"max":"30","filter_types":["brochures"],"link_title":"View other Downloads","link_url":"","pdf_links":[]} {"title":"\u30a2\u30d7\u30ea\u30b1\u30fc\u30b7\u30e7\u30f3","source":"product","key":4726,"max":"3","filter_types":["applications","application_note","posters"],"link_title":"More","link_url":"\/products\/non-destructive-testing\/phase\/xctal-5000\/applications.html","config_list":[],"page_links":[{"type":"page","link_title":"\u30a2\u30d7\u30ea\u30b1\u30fc\u30b7\u30e7\u30f3\uff08\u5438\u53ce\u50cf\u30fb\u6563\u4e71\u50cf\u30fb\u5c48\u6298\u50cf\uff09","link_url":"\/products\/non-destructive-testing\/phase\/xctal-5000\/applications.html#anchor_0","time":""}],"column_title":"Documents"}

News / Events

More