LC/MS/MS MRMライブラリトリグリセリド

LabSolutions LCMS用

  • Question
    血漿中のさまざまなトリグリセリドのプロファイリングを実施したいのですが、適切な測定プラットフォームはありませんか?
  • Solution
    LCMS-8060NXとLC/MS/MS MRMライブラリ  トリグリセリドをご利用ください。

血漿中のトリグリセリド(TG)のプロファイリングを目的としたMRMライブラリで、炭素数C14~C22、不飽和度0~6の脂肪酸組み合わせが分析対象として考慮されています。
このうち、実際にヒト血漿を試料として検出された47種類のトリグリセリドを対象として、推定される脂肪酸組み合わせを反映した195個のMRMトランジションを用意しました。195個のMRMトランジションで検出されるさまざまなトリグリセリドを試料間で比較することにより、試料中に含まれるトリグリセリドの種類や相対比をプロファイリングすることができます。
対象となるトリグリセリドの化合物パネル(収載されるMRMトランジション対象となる化合物)の一例を下表に示します。本MRMライブラリでは、脂肪酸のニュートラルロスによる分子イオンをプロダクトイオンとして設定することで、47種類のトリグリセリドのさまざまな脂肪酸組成を推定することが可能となります。

 

ヒト血漿中トリグリセリド47種類を対象にLCMS-8060NXによる一斉分析の結果得られたMRMクロマトグラムを示します(上段)。このうち代表的なトリグリセリド3種類に対する複数の脂肪酸組み合わせによるMRMクロマトグラムを下段に示します。例えばTG 50:2ではTG16:0_34:2に相当するダブレットピーク、TG 16:1_34:1, TG 18:1_32:1, TG 18:2_32:0に相当するシングルピークが確認されます。これらの定性情報を組み合わせることで、確認されたTG 50:2には、TG 16:0_16:1_18:1, TG 16:0_16:0_18:2が含まれることが推定されます。
このように、本MRMライブラリによるトリグリセリドの分析を行うことで、さまざまなトリグリセリドの定性情報を含んだプロファイリングが可能となります。

 

注意事項

  • LabSolutions LCMS はVer. 5.109以降、LabSolutions Insight はVer. 3.8SP1以降が必要です。
  • 本製品は研究用です。臨床診断用途で使用することはできません。

カタログ

ダウンロード 

 
 

LabSolutions およびLCMS は,株式会社島津製作所またはその関係会社の日本およびその他の国における商標です。

Top of This Page

お問い合わせ