Shim-pack シリーズ

高速・高分離カラムラインナップ

Shim-pack XR-ODS/C8/Phenyl/SIL

汎用性と高速分析の両立

Shim-pack XR-ODSは,充填剤粒子径2.2μmを採用し,分離効率と圧力の関係を巧みにバランスさせました。
従来の5μm充填剤を使用した汎用カラム(Shim-packVP-ODS)と同等の分離特性を維持したまま,分析時間を大幅に短縮させることができ,その際にカラムにかかる圧力は多くの分析条件について35MPa以下です。
従って,既存の装置であっても手軽に超高速分析を実現することができます。

■ 汎用分析から高速分析への移行も簡単!

右の2つのクロマトグラムは,従来の分析を高速化した例です。下が当社汎用カラムであるShim-pack VP-ODSでの分析,上が高速分析用カラムShim-pack XR-ODS での分析結果です。 Shim-pack VP-ODSとShim-pack XR-ODSは同じ分離特性を持つため,分離はそのままに分析時間のみを大幅に短縮することができます。

汎用分析から高速分析への移行:Shim-pack XR-ODSでの分析例
汎用分析から高速分析への移行:Shim-pack XR-ODSでの分析例
アプリケーションの詳細はこちら(会員制サイト)

豊富なラインアップ

汎用性の高いC18基を結合したShim-pack XR-ODS の他,ODSとは異なる保持挙動を有するC8基を結合したShim-pack XR-C8,フェニルプロピル基を結合したShim-pack XR-Phenyl,順相系での高速化を実現するシリカカラムのShim-pack XR-SILと幅広くラインアップを揃え,お客様の分析目的にあったカラムが選択できます。

脂溶性ビタミンの分析 Shim-pack XR-C8での分析例
脂溶性ビタミンの分析 Shim-pack XR-C8での分析例
 
非ステロイド系抗炎症剤の分析 Shim-pack XR-Phenylでの分析例
非ステロイド系抗炎症剤の分析 Shim-pack XR-Phenylでの分析例
 
順相系での高速分析 Shim-pack XR-SILでの分析例
順相系での高速分析 Shim-pack XR-SILでの分析例

仕様

  Shim-pack XR-ODS Shim-pack XR-C8 Shim-pack XR-Phenyl Shim-pack XR-SIL
粒子径(μm) 2.2 2.2 2.2 2.2
細孔径(nm) 12 12 12 12
比表面積(m2/g) 340 340 340 340
炭素含有率(%) 18 11 11 -
耐圧(MPa) 35 35 35 20
細孔容積(mL/g) 1.05 1.05 1.05 1.05
エンドキャッピング -
結合様式 モノメリック モノメリック モノメリック -
USPカテゴリー L1 L7 L11 L3
 

価格表(島津GLCサイトへ)

Shim-pack XR-ODS

Shim-pack XR-C8

Shim-pack XR-Phenyl

Shim-pack XR-SIL

Shim-pack XR-ODSII

さらなる高分離・高速化

Shim-pack XR-ODSIIは,Shim-pack XRシリーズカラムと同様,充填剤粒子径を2.2μmとしながらも,最大圧力を約60 MPaに引き上げることでShim-pack XR-ODSでは難しかった水/ メタノール系移動相の使用,長いカラムによる高分離の実現,室温付近での分析など,高速高分離分析の適応範囲を大幅に拡大させました。

幅広いカラムサイズのラインアップ

Shim-pack XR-ODSIIは,一般的な2mm および3mm 内径カラムの他にも,1.5mm 内径をラインアップに加えました。
1.5mm内径カラムの最適流量は0.2~0.3mL/minですので,LC-MSの流量にも最適な上,移動相の消費量も低減させることができます。

内径(mm) 長さ(mm)
1.5 30, 50, 75, 100 , 150
2.0 50, 75, 100, 150
3.0 75, 100, 150

150mmカラムにより,理論段数28000段を実現

長さ150mmのカラムを用いることにより,理論段数28000段を達成することができます。この値は,粒子径5μmのカラムに換算すると長さ250mm以上に匹敵し,汎用のHPLCよりも高分離が期待できます。

150mmカラムで理論段数28000段を実現
150mmカラムで理論段数28000段を実現
 
セファゾリン中の微量不純物解析への応用
セファゾリン中の微量不純物解析への応用
 
メタノール系移動相による食品添加物の分析
メタノール系移動相による食品添加物の分析
 

アプリケーションの詳細はこちら
他のアプリケーションについては,こちらへ。

仕様

  Shim-pack XR-ODSII
粒子径(μm) 2.2
細孔径(nm) 8
比表面積(m2/g) 470
炭素含有率(%) 20
耐圧(MPa) 60
細孔容積(mL/g) 1
エンドキャッピング
結合様式 モノメリック
USPカテゴリー L1
 

価格表(島津GLCサイトへ)

Shim-pack XR-ODSIII

カラム耐圧は100MPa

充填剤粒子径を従来の2.2μmからさらに微細化し,1.6μmもラインアップに加えました。耐圧も100MPaにすることにより,ショートサイズでありながらも高分離を実現できます。UHPLCならではの高分離を維持しつつ,分析時間も短縮したい…そのような要望にお応えできるカラムです。

超高速分析で分離を維持したままさらなる高速化を実現

次の分析例は,Shim-pack XR-ODSIIとXR-ODSIIIの比較です。カラム長さが短くなった分だけ分析時間も短くなっています。さらにXR-ODSIIIは流量の影響をほとんど受けていません。このように,Shim-pack XR-ODSIIIは理論段数を維持しながら,さらに高速化することが可能なカラムです。

Octanophenoneの保持時間比較による高速化検討結果(1:移動相流量0.4mL/min)
Octanophenoneの保持時間比較(1:移動相流量0.4mL/min)

分析時間の短縮を目指すか,高分離を目指すか…
目的に応じたカラムの選択が可能

汎用HPLC条件からの高速化・高分離化
汎用HPLC条件からの高速化・高分離化

仕様

  Shim-pack XR-ODSIII Shim-pack XR-ODSIII
粒子径(μm) 1.6 2.2
内径 x 長さ(mm) 2.0 x 50
2.0 x 75
2.0 x 150
2.0 x 200
細孔径(nm) 7.5 8
比表面積(m2/g) 500 470
炭素含有率(%) 22 20
耐圧(MPa) 100 100
細孔容積(mL/g) 0.95 1
エンドキャッピング
結合様式 モノメリック モノメリック
USPカテゴリー L1 L1
 

価格表(島津GLCサイトへ)

Top of This Page