Smart Forensic Database Ver.2

法薬毒物用のMRMメソッド作成をサポートするデータベースソフトウェアです。

生体試料中の法薬毒物分析には,生体試料中の夾雑物との高い質量分離と高感度で検出可能な選択性の高いMRM(Multiple Reaction Monitoring)分析が有効です。MRM分析にはトランジションの設定が必要ですが,Smart Forensic Databaseには中毒事例の多い法薬毒物486成分の最適トランジションが登録されており,煩雑な設定作業を行うことなく分析を始めていただけます。

特長

1. GC-MS/MSによる法薬毒物分析をサポート

乱用薬物,向精神薬,医薬品,農薬など中毒事例の多い法薬毒物486成分が登録されています。すべての登録成分に保持指標,MRMトランジション,コリジョンエネルギー,確認イオン比が登録されているため,煩雑なMS/MS条件の最適化を行う必要がありません。

2. MRMによる高い質量分離と高感度検出

GC-MS/MSのMRMでは,2段階の質量分離を行うため,法薬毒物と生体試料中の夾雑物を分離して,高感度で検出することができます。生体中の法薬毒物の含有の有無を簡単に判断することができ,データ解析にかかる時間を大幅に減らすことが可能です。

3. 最適なMRMメソッドを自動作成

“Smart MRM™”プログラムによって,MRM メソッドを自動作成します。多成分一斉分析では,測定プログラムの設定が困難ですが,”SmartMRM”では最適なプログラムを設定し,高感度メソッドを作成します。 MRMメソッドは,ターゲット化合物の保持時間情報を基に作成しますが,AART機能を用いることで,n-アルカンを1回分析するだけで保持時間を修正し,メソッド作成に進めます。(Smart Databaseを用いたMRMメソッド作成手順

4. スキャン/MRM同時測定データでの「GC/MS法薬毒物データベース」との連携

スキャン/MRM同時測定で得られたスキャンデータは,法薬毒物スクリーニング用データベース「GC/MS法薬毒物データベース」を用いて解析することが可能です。MRMデータは,「Smart Forensic Database」に登録されている中毒事例の多い法薬毒物の微量分析に利用し,スキャンデータは,乱用薬物の登録が充実している「GC/MS法薬毒物データベース」を用いることにより,危険ドラッグのスクリーニングに利用することが可能です。

Smart MRM,GCMS-TQおよびGCMSsolution は,株式会社島津製作所の商標です。
RxiはRestek Corporationの登録商標です。
Excel およびMicrosoftは,米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Sigma-Aldrichは,Sigma-Aldrich CO.LLCの登録商標です。
その他,掲載されている会社名/サービス名およびロゴは,各社の商標および登録商標です。なお,本文中では「™」,「®」を明記していない場合があります。

Top of This Page

お問い合わせ