GCMS-QP2020

ガスクロマトグラフ質量分析計

ラボの可能性を拡げるSmartソリューション


環境汚染や人の健康に関する極微量の化合物のモニタリング,
高い機能を有する新素材や化成品の開発評価を行うための
高性能な分析装置の重要性が高まっています。
GCMS-QP2020は,これらのニーズに応えるため,装置の機能,
解析ソフトウェア,データベースや試料導入装置を充実させ,
ラボの能力を最大限に引き出します。

高感度化とオペレーションコスト低減を両立

差動排気型の新しいターボ分子ポンプを採用した真空排気系が,GCで利用されるあらゆる条件で最高の感度を実現します。ヘリウムガス以外の水素や窒素キャリアガスでも有利に運用でき,オペレーションコストの低減が可能です。また,高感度高速分析による分析時間の短縮など,ラボの生産性の最大化に貢献します。

多成分一斉分析の効率を飛躍的に向上

GCMS Insightソフトウェアパッケージが,多成分一斉分析での感度と効率を飛躍的に向上させます。メソッド作成プログラム「Smart SIM」が,多成分分析での感度を改善するメソッドを作成します。さらに,データ解析の時間を大幅に短縮する「LabSolutions Insight」が,解析作業の効率を飛躍的に向上させます。

定性解析に必要なあらゆる情報を簡単に取得

従来利用されるマススペクトルの他に,保持指標,CIイオン化による分子量情報および精密質量*の3種類の価値ある情報が,定性解析を支援します。マススペクトルとこれらの情報を組み合わせることにより,さらにレベルの高い定性解析が行えます。
 

*精密質量はMassWorks™で数学的に計算された精密質量を示します。

目的に応じた最適な分析システムを提供

試料形態や測定対象成分の濃度に適した試料導入システムや,高速スキャン性能を活かせる2次元クロマトグラフなど,さまざまな分析目的に対応した最適な分析システムを提供します。これらの分析システムはすべて当社がサポートしており,安心してご利用いただけます。

Top of This Page