ヘッドスペース分析システム

環境・食品・化成品分析

ヘッドスペース分析システム

ヘッドスペースを用いて液体や固体中の揮発性成分の分析が行えます。 ヘッドスペースとは,"物の上部の空間"の意味で,液体や固体の上部には,それらに含まれている成分で特に沸点の低いものが存在しています。 ヘッドスペースサンプラーはバイアルに封入された試料を一定時間保温することで気相と試料を平衡状態にして,その気相部分(ヘッドスペース)をガスクロマトグラフ(GC)に導入し分析するための装置です。 食品中の香気成分,化成品の臭い成分,環境水中の有害揮発成分の定性や定量に用いられます。

関連製品

HS-20 NXシリーズ

ヘッドスペースサンプラ HS-20 NXシリーズ

揮発性成分分析への最適なソリューションとして開発されたHS-20に更なる改良が加えられ、NXシリーズとして登場しました。基本性能の更なる飛躍とユーザーフレンドリーなデザインは、研究部門から品質管理まであらゆる分析を強力にバックアップします。

Top of This Page