ヘッドスペース分析システム

環境・食品・化成品分析

ヘッドスペース分析システム

ヘッドスペースを用いて液体や固体中の揮発性成分の分析が行えます。 ヘッドスペースとは,"物の上部の空間"の意味で,液体や固体の上部には,それらに含まれている成分で特に沸点の低いものが存在しています。 ヘッドスペースサンプラーはバイアルに封入された試料を一定時間保温することで気相と試料を平衡状態にして,その気相部分(ヘッドスペース)をガスクロマトグラフ(GC)に導入し分析するための装置です。 食品中の香気成分,化成品の臭い成分,環境水中の有害揮発成分の定性や定量に用いられます。

ヘッドスペースサンプラ HS-20シリーズ

HS-20シリーズは,研究部門から品質管理まで,あらゆる揮発性成分分析を強力にバックアップするヘッドスペースサンプラです。静的ヘッドスペース分析に対応するループモデル,トラップヘッドスペース分析に対応するトラップモデルをご用意しました。

特長

優れた基本性能

  • 高い再現性
  • 低キャリーオーバー
  • 高温対応

使いやすいデザイン

  • 使いやすいサンプルトレイ
  • 容易なメンテナンス

優れた拡張性

  • 電子冷却トラップ(トラップモデル)
  • バーコードリーダーオプション

優れた基本性能

高い再現性と低いキャリーオーバーによって,いつでも正確な定量ができます。 また,最高温度300℃のオーブンにより,高沸点化合物の分析にも対応しました。

高い再現性
HS-20は電子式フローコントローラ(AFC)による精度の高い流量制御とオーブン下部からのサンプルバイアル搬入機構により高い再現性を実現しました。
このユニークなサンプルバイアル搬送システムは,オーブンへのサンプルバイアルの入出時にオーブン内の熱が逃げることを最小化し,オーバーラップ分析時の高い温度安定性を維持します。

データ

バイアル搬入機構比較図

低キャリーオーバー
サンプルラインを不活性かつ最短に抑えることで,ループ方式では難しいといわれていた低キャリーオーバーを実現しました。酢酸などの極性化合物でも残留しませんので,信頼性の高い分析が可能です(特許申請中)。

低キャリーオーバー

高温対応
HS-20は最高300℃まで設定可能なオーブンとシンプルで不活性なサンプルラインにより,従来のヘッドスペースサンプラでは困難であった高沸点化合物の分析を可能にしました。
環状シロキサンはシリコーンの原料であり,オイルや液状ゴムなどの製品にも微量に残留しています。環状シロキサンは揮発性を有するため,電子部品の接点部などの不具合の原因になるおそれがあり,濃度を管理することは非常に重要です。HS-20では環状シロキサンからフタル酸エステルまでが同一条件で測定可能です。

高温対応 データ

使いやすいデザイン

使いやすさを追求したユーザーフレンドリーなデザインにより,簡単に迷わずにサンプルをトレイにセットすることができます。
また,ニードルやサンプルループ,トラップなどの消耗部品を,装置上面から,簡単に交換することができます。

使いやすいデザイン

使いやすいサンプルトレイ
HS-20のサンプルトレイは机から20cmの高さにあり,いつでも全てのトレイが見えるようになっているため,サンプルが置きやすく,セット時にうっかり間違える事を防止します。
また,10mL,20mLのバイアルを特別なアタッチメントなしで混在させてセットし,分析することが可能です。
さらにオプションでバーコードリーダーを用意していますので,サンプルをバーコードで管理することも可能です。

機構図

容易なメンテナンス
HS-20はサンプルループやニードルの交換などのメンテナンス作業を装置の上面から簡単に行えるように設計されています。
高濃度の試料などによってサンプルラインを汚染してしまった場合でも,配管単体での交換が可能です。 また,キャピラリカラムのジョイントはGCの試料気化室と共通ですのでカラム交換も容易です。
HS-20はメンテナンス時のダウンタイムを最小化するよう設計されており,ラボの生産性を向上させます。


優れた拡張性

トラップモデルではヘッドスペースガスを濃縮することで部品,材料からの発生ガスなどの超微量成分の分析が可能です。 バーコードリーダーオプションを搭載することでクロマトデータシステムと連携したサンプル管理が可能です。

電子冷却トラップ(トラップモデル)
HS-20のトラップモデルでは電子冷却トラップを内蔵しており,ヘッドスペースガスを濃縮し,高感度分析することが可能です。電子冷却トラップにより疎水性のTenaxを使用しての低沸点化合物の分析が可能となり,水分を含むサンプルの低沸点化合物から高沸点化合物までを濃縮して分析することができます。
また,トラップモードと通常のサンプルループを使用するモードはメソッドファイルで簡単に切り替えることができます。バッチ処理による連続分析時もトラップモードとループモードを混在させることができます。

コーヒー中香気成分の高感度分析

高感度な電子冷却トラップは,GCMSとの組み合わせにより,従来のヘッドスペースサンプラでは検出できない微量の香気成分の定性・定量が可能になります。

コーヒー中香気成分の高感度分析

排水中VOCの一斉分析

HS-20の高い温度安定性と不活性なサンプルラインにより排水中のVOCsを高い再現性で測定できます。キャリーオーバーも少ないため,90サンプルセット可能なサンプルトレイを有効に活用することができます。

排水中VOCの一斉分析

医薬品残留溶媒 USP467 Class2A,2B 水溶液

堅牢性が高いGC検出器との組み合わせにより,高い定量精度が要求される品質管理に使用できます。全サンプルのリークチェック機能や,電子化されたログ機能がトレーサビリティを保証します。

医薬品残留溶媒 USP467 Class2A,2B 水溶液

バーコードリーダーオプション

オプションでバーコードリーダーを用意しており,サンプルをバーコードで管理することができます。
CFR Part11対応のクロマトデータシステムLabSolutionsからの制御に対応しており,分析条件や操作のトレーサビリティを保証します。(LabSolutionsLC/GCの場合,GCMSは未対応)

管理画面

Top of This Page