血中アルコール分析システム

血中アルコール分析システム
Nexis GC-2030 + HS-20 NX

法医学や緊急医療などの分野では,死因や症状の把握,犯罪性の評価を行うための血液中成分の分析が頻繁に行われています。エタノールを主体とする血中のアルコール類の測定は,飲酒による酩酊度の判定や,飲酒と他の症例との区別のために活用されています。血中アルコール濃度は呼気や唾液中のアルコール濃度から簡易的に算出する方法も知られていますが,精度の高い測定法としてガスクロマトグラフ法が一般的に用いられています。

島津の血中アルコール分析システムは,世界最高感度の検出器と電子式フローコントローラーを搭載したガスクロマトグラフ,サンプルラインを最短に抑えたヘッドスペースサンプラを組み合わせることで,高感度かつ高い再現性と低いキャリーオーバーを実現します。

Top of This Page

お問い合わせ