血中アルコール分析システム

Nexis GC-2030 + HS-20

法医学や緊急医療などの分野では,死因や症状の把握,犯罪性の評価を行うための血液中成分の分析が頻繁に行われています。エタノールを主体とする血中のアルコール類の測定は,飲酒による酩酊度の判定や,飲酒と他の症例との区別のために活用されています。血中アルコール濃度は呼気や唾液中のアルコール濃度から簡易的に算出する方法も知られていますが,精度の高い測定法としてガスクロマトグラフ法が一般的に用いられています。

島津の血中アルコール分析システムは,世界最高感度の検出器と電子式フローコントローラーを搭載したガスクロマトグラフ,サンプルラインを最短に抑えたヘッドスペースサンプラを組み合わせることで,高感度かつ高い再現性と低いキャリーオーバーを実現します。

血中アルコール類の分析例

血中アルコール分析用の2種類の専用カラムを用意しており,対象のアルコール類を完全分離し迅速に分析することができます。極性の異なる2種類のカラムで分析することで,より正確な定性分析が可能になります。

グラフ
 
SH-Rtx™-BAC Plus 2カラムによる7成分の分析例 (各 0.1mg/mL)

 

グラフ
 
SH-Rtx™-BAC Plus 1カラムによる10成分の分析例 (各 0.1mg/mL)

 

グラフ
 
エタノール(EtOH)を8~160mg/100mL 相当添加した血液の分析例

 

注)本文書に記載されている製品は,医薬品医療機器法に基づく医療機器として承認を受けておりません。
  治療診断目的およびその手続き上での使用はできません。

構成例

シングル分析ラインで1種類のカラムを用いて分析する構成例です。

製品名 P/N
島津ガスクロマトグラフ Nexis GC-2030 AF S221-77002-41
ヘッドスペースサンプラHS-20 S225-21900-41
LabSolutions LC/GC S223-19253-91
カラム SH-Rtx™-BAC Plus 1 S227-36260-01
カラム SH-Rtx™-BAC Plus 2 S227-36263-01
GC-2030 Consumables Kit SSOT-227-35012-01
20mLバイアル 100PC SSOT-AK0360
Silicone/PTFE〜200℃ キャップ 100PC SSOT-AK0362

 

→ Nexis GC-2030についての詳細はこちら  

Top of This Page