島津LCドライバ: Waters Empowerに対応

Waters Empower対応 島津LCドライバ

シームレスな島津LC制御

Waters社 Empowerをもちいて当社LCメソッド編集

島津LCメソッド編集画面

 島津LCの装置制御パラメータはEmpowerに組み込まれた島津LCメソッド編集画面で設定できます。Empowerの装置メソッドとして保存され,装置をダイレクトにコントロールできます。

  • 装置メソッドの作成・変更
  • 装置メソッドのレポートへの出力
  • ダイレクトコントロール
  • オートパージ
  • システムチェック
  • 装置構成の確認画面

 

装置メソッドの作成/編集

 島津制御パラメータについて,装置メソッドの作成/編集が可能です。 Empowerの装置メソッド編集画面と同じ画面構成であり,Empowerのメソッドとして保存されます。
 また,制御パラメータはEmpowerからレポート出力することができます。

Waters社 Empowerソフトウェアの分析メソッドとして島津LCのパラメータを保存,レポート表示が可能

ダイレクトコントロール,装置ステータスの確認

 Empowerから直接,オーブンのON/OFFやオートインジェクタのパージ/リンスなどのダイレクトコントロールが可能です。 また,ポンプ圧力やオーブン温度など装置ステータスの確認もできます。
 また,分析前に行うオートパージや,装置の消耗部品の使用状況を確認できるシステムチェックも実施することができます。

Waters社 Empowerソフトウェアによる島津LCのダイレクトコントロールと装置ステータスのモニタ
<コントロールパネル画面>

接続している装置構成の確認

 Empowerから接続している装置構成の確認ができます。

Waters社 Empowerソフトウェアで島津LCシステムの構成(環境設定:System Configuration)を確認
<環境設定画面>

システムチェック機能を標準搭載

 システムチェックを実行すれば,日常点検を自動的に行うことができます。 システムチェックレポートには,装置の機体情報,ROMバージョン,消耗部品の使用頻度等が記録されますので,管理上便利です。 また,ポンプのプランジャシール総送液量上限値など,主な消耗部品の使用頻度を確認するときの判定基準値を設定できます。

Waters社 Empowerソフトウェアによる島津LCのシステムチェック,消耗部品の使用時間などを確認
<システムチェック画面>

■ デジタル処理による分析データの収集と管理

装置ステータスデータのプロット画面でウォームアップの進捗確認

ステータスデータのプロット画面

 検出器信号はデジタル採取されます。従来必要だったA/D変換器は不要で,バリデーションの負担も軽減されます。フォトダイオードアレイ検出器の3次元データおよび2次元データも含めすべてのデータはEmpowerフォーマットで保存され,データ採取後の3次元処理,スペクトルインデックスの表示,ピークピュリティ計算などEmpowerの解析機能をそのままお使いいただくことができます。
 装置メソッドでの設定により,分析時の圧力やカラムオーブン温度などの装置ステータスを分析中に確認することができます。 またステータスデータは保存され,障害発生時の原因追及も支援します。

■ GxP,Part11対応

 Empowerの装置メソッドによる島津LC制御,サンプルセットメソッドによるオートサンプラ制御,Empowerフォーマットでのデータの保存により,Empowerの有するオーディットトレイル機能を活用することができます。
 Empowerが持つ規制対応機能とあわせて,GLP/GMP規制はもちろん米国FDA 21 CFR Part 11など電子記録・電子署名関連規制対応もフルサポートします。


注: Waters®,Empower®は,米国Waters 社の米国および他の国における商標です。

Top of This Page

お問い合わせ