細胞培地分析プラットフォーム C2MAPシステム

動物細胞培養における基礎研究から
プロセス開発に利用できる
新しい細胞培地分析プラットフォーム

C2MAPシステム™は,培養経過に伴う培養上清の成分変化をLC/MS/MSで測定するためのシステムで,多能性幹細胞(iPS細胞やES細胞),間葉系幹細胞,抗体医薬産生細胞などの細胞培養の基礎研究からスケールアップ検討,実プロセス開発など幅広い用途に利用できます。

◆最大95種の培養上清成分の経時変化プロファイルの取得

最大で95成分の一斉分析メソッドを提供いたしますので,細胞の増殖/状態の良否に関わる成分解析に利用することができます。専用のViewerソフトC2MAP TRENDSにより,複数条件での成分変動をグラフ化して表示できるので,比較解析が容易です。
 

◆培養条件の最適化

培養に伴う培地成分の消費や枯渇,細胞から分泌される代謝物の変動をモニターすることで,動物細胞培養における培養条件最適化のための有用な知見を得ることができます。

C2MAPシステムの特長

1. 培養上清分析の前処理から測定までを自動化

  • 前処理から測定までの自動化により,夜間や休日の自動分析が可能
  • 実際の培養にあわせた測定ワークフローが選択可能
  • 前処理装置からLC/MS/MS測定まで,シームレスな分析と管理が可能
  • 前処理後の試料はマイクロプレートにストックされるため,再測定が容易

 

2. 幅広い測定化合物・培養上清試料に対応

  • 動物細胞用の主要基礎培地成分および分泌代謝物,計95成分の高速一斉分析が可能
  • 広範な細胞培地での実績(iPS細胞,ES細胞,間葉系幹細胞,T細胞,CHO細胞)

 

3. 培地中成分変動の容易な確認

  • 得られた各成分の経時変化をトレンドグラフとして表示することが可能
  • 複数の実験条件の結果を重ねて表示することで,比較解析が可能

Top of This Page