分析例解説

ヘッドスペース分析システムによるにおい成分の分析例

ヘッドスペース分析システムにより,異なる種類の日本酒中より検出された揮発性成分を検出しました。検出された揮発性成分を多変量解析の結果,各日本酒がスコアプロット上でクラスターを示し,それぞれの日本種を特徴付ける成分を絞り込むことができました。

  普通酒 純米酒 大吟醸
検出成分 78 76 86
におい成分分析で検出された成分数 
大吟醸酒に多い成分 特徴
3-methyl-1-butanol 清酒の基調香
2-phenylethanol バラ様の香り
pentyl acetate バナナ様臭気
日本酒中のにおい成分のプロファイリング結果

日本酒中のにおい成分のプロファイリング結果

 
 
 

GC-MSによる異臭のクレームがあった食品試料の分析例

異臭クレームのあった食品試料を分析した結果,4成分が正常品よりも異臭品に多く含まれること確認しました。検出された4成分について,異臭データベースを用いて,濃度と臭気閾値の比較,においの質の確認の結果,2,4,6-トリクロロアニソールが異臭の原因物質であることを特定しました。

異臭成分の分析結果

異臭成分の分析結果

Top of This Page