UVProbe

多機能なUV制御ソフト

UVProbeは,多機能ながらも操作性を向上した島津製紫外可視分光光度計の標準ソフトウェアです。
オプションの LabSolutions接続キット により,LabSolutions DB / CS にデータ移管でき,ER/ES規制対応をサポートするLabSolutionsの管理機能を使用することができます。 また,CLASS-Agentシステムを使ったER/ES規制対応も可能です。

特長

多彩なデータ処理・演算機能を持つ測定モジュール群

スペクトル画面例

スペクトルやフォトメトリック(定量)の他に,カイネティクス(タイムコース測定)などの測定モードがあり,各々 豊富なデータ処理機能 を備えています。

フリーフォーマットのレポート作成機能

レポート作成画面例

グラフやテーブルを自由に組み合わせてレイアウトし,レポートを作成できます。 また,グラフの線の太さや色を変更したり,テキスト文章や図を貼り付けることもできます。 できあがったレイアウトはテンプレートとして登録することもでき便利です。

GXPサポート機能

ユーザー認証・権限設定などのセキュリティ機能,データ取得時の元データやデータ処理時の履歴を残すオーディットトレイル機能,装置ログ,などGXPをサポートする機能が充実しています。
また,オプションの LabSolutions接続キット,または,CLASS-Agentと接続することにより,FDA 21 CFR Part 11 対応を強力に支援します。 UVProbeを使用して取得したデータや演算されたデータを自動または手動でデータベースに登録,管理できるようになります。

セキュリティ機能
セキュリティ機能を有効にすると,ログイン時に識別コードとパスワードが必要になります。 パスワードは詳細設定が行えます。 また各ユーザーに権限を割り振り使用可能な機能を限定できます。

オーディットトレイル機能

データは,ディレクトリ構造を持ってファイルに保存されます。 取得した元データに対して演算などのデータ処理を行うと,同じファイル内に元データとは別の新たなデータが作成され,結果が保存されます。 また,その際の履歴(使用者,日時,操作内容)もファイル内に記録されます。

装置ログ
データに影響を及ぼす可能性のある装置操作(初期化,ベースライン補正,オートゼロなど)を行うと,履歴が残されます。現在使用している装置の履歴が,日付・使用者名と共に画面で確認できます。

これらの機能を使用するには,UVProbeインストール時に”セキュリティモード”あるいは”GLPモード”でインストールする必要があります。

*LabSolutions接続キットを使用するには,UVProbe Ver.2.50 以降,LabSolutions CS Ver.6.40 以降である必要があります。

Top of This Page