SIE-560A/560SA 自動伸び計

強度試験において,試験片の伸び量測定は試験力測定と共に強度特性を得るための重要な要素です。
伸びの計測には,伸び量の小さい領域(弾性域)を測定し弾性率を求めることと,伸び量の大きい領域(塑性域)を測定し,試験片の破断時の伸びを求める目的があります。
自動伸び計SIEシリーズは,この両方の目的を高精度に実現し,かつ自動化により効率化・試験再現性の向上を実現します。
金属,プラスチック,複合材料を含む様々な材料試験に利用できる理想的な伸び計として多くのお客様に活用いただけ,高い精度を要求しているプラスチック引 張試験規格のISO 527(JIS K7161),ASTM D638の弾性率計測から破断伸び計測まで,金属材料引張試験ISO6892,JIS Z2241,ASTM E4のひずみ速度制御にも対応します。

自動伸び計SIE-560SA

自動動作機能と高い操作性で,試験のスループットを向上します。

自動動作機能と高い操作性で,試験のスループットを向上します。

上下つかみ具の中間位置自動検出機能,設定した標点位置への自動リターン,試験終了後の自動取り外しなどにより,日常作業を軽快に行うことができます。

材料試験オペレーティングソフトウェアTRAPEZIUMXから伸び計の操作が行え,ソフトウェアと試験機の間を行き来する必要なく作業手順が軽減します。
またスマートコントローラ(AG-Xplus搭載)により,手元でワンタッチ操作が可能になり,伸び計の取り付け・取り外しが手元で行えます。

イラスト

高精度・長ストロークを実現します。

高精度・長ストロークを実現

高精度磁気誘導方式リニアセンサー及び超高精度ストレーンゲージ式センサー(SIE-560SAのみ)と,新開発デジタルひずみエンジンにより高精度を実現。プラスチックを始め,ゴム・金属材料などの引張試験における伸び計測に幅広く対応します。

■SIE-560SA
精度:JIS B7741:0.5級,ISO 9513:Class 0.5
    ASTM E83:Class B

■SIE-560A
精度:JIS B7741:1級,ISO 9513:Class 1
    ASTM E83:Class Cに準拠

仕様概要

型名 SIE-560A SIE-560SA
測定範囲 最大560mm 小レンジ:最大4mm
大レンジ:最大560mm
計測原理 高精度磁気誘導方式リニアセンサー 小レンジ:超高精度ストレーンゲージ式センサー
大レンジ:高精度磁気誘導方式リニアセンサー
計測精度 指示値の0.5%以下または±2.5µmいずれか大きい値 指示値の0.5%以下または±1µmいずれか大きい値
標点距離 10mm~550mm 50mm(オプションにより10mm~40mmに変更可)
対応規格 プラスチック引張試験
ASTM D 638

金属引張試験規格
ISO 6892, ASTM E8, JIS Z2241
プラスチック引張試験
ISO527, ASTM D 638, JIS K7171

金属引張試験規格
ISO 6892, ASTM E8, JIS Z2241
評価対象 鉄鋼材料,非鉄金属材料,複合材料(CFRP,GFRPなど),汎用プラスチック

※外観および仕様は,改良のため予告なく変更することがあります。

高精度伸び計ラインナップ

Class0.5
ビデオ式非接触伸び幅計 TRViewX

ビデオ式非接触伸び幅計 TRViewX

CCDカメラによる試験片の画像を処理して,試験片の標点間伸びを計測する高精度の非接触伸び計です。金属・ゴム・プラスチック・木材などあらゆる材質に適応し,高精度,広範囲の伸び計測が出来ます。

Class0.5
SSG−H手動伸び計

Class0.5 SSG−H手動伸び計

伸びの測定範囲が広く軽量で,標線間距離は小さく取れ,試験片は丸棒・板材の両方に適用できるなどの特長を持っています。
JIS規格/ISO規格の0.5級,ASTM規格クラスBに準拠した高精度形伸び計です。

Top of This Page