SIE-560A/560SA 自動伸び計

強度試験において,試験片の伸び量測定は試験力測定と共に強度特性を得るための重要な要素です。
伸びの計測には,伸び量の小さい領域(弾性域)を測定し弾性率を求めることと,伸び量の大きい領域(塑性域)を測定し,試験片の破断時の伸びを求める目的があります。
自動伸び計SIEシリーズは,この両方の目的を高精度に実現し,かつ自動化により効率化・試験再現性の向上を実現します。
金属,プラスチック,複合材料を含む様々な材料試験に利用できる理想的な伸び計として多くのお客様に活用いただけ,高い精度を要求しているプラスチック引 張試験規格のISO 527(JIS K7161),ASTM D638の弾性率計測から破断伸び計測まで,金属材料引張試験ISO6892,JIS Z2241,ASTM E4のひずみ速度制御にも対応します。

自動伸び計SIE-560SA

特長

Top of This Page

お問い合わせ