フォームラバー圧縮試験装置

JIS K 6400の軟質ウレタンフォームラバー試験方法に従い、
主に自動車のシート試験が可能です!!

フォームラバー圧縮試験装置

車輌、家具、寝具などのクッション用フォームラバー、ウレタンフォームの圧縮(硬さ)試験用で、フォームラバー圧縮試験用に空気の抜け穴を設けています。

【仕様】

フォーム硬さ測定
フォームの硬さを求める試験制御とデータ処理を下記に示します。
<制御パターン>
フォーム硬さ測定-制御パターン
<データ処理>
●試験片の厚さ(初試験力値での試験片厚さ)
●試験片の厚さの25%、40%、65%での硬さを求めます。
圧縮たわみ
フォームの圧縮たわみ係数とヒステリシスロス率の測定を下記に示します。
<制御パターン>
圧縮たわみ-制御パターン
<データ処理>
●圧縮たわみ係数(S65/S25)
●ヒステリシスロス(行き帰りで囲まれた面積/行きの面積×100)

【仕様】

最大試験力 1kN
圧盤直径(mm) φ200
試料受台大きさ(mm) 400×400
試料受台空気穴(mm) φ6.5, 中心間距離 20
使用温度範囲 0~+40℃

【評価対象】

クッション用ウレタンなどのフォームラバー、自動車部品

※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

Top of This Page