オートグラフ AGX-V シリーズ

材料試験オペレーションソフトウェア TRAPEZIUM X-V

Windows 10対応のTRAPEZIUM X-Vは、データ検索機能、ビジュアルウィザードによる条件設定、試験条件を起動画面から直接選択できるクイック条件リストなどの使いやすい機能を多数備えています。簡単な試験制御から複雑なパターンを含む制御まで、さまざまな試験条件を簡単に作成できます。

高強度化した材料の高精度な測定のために

輸送機の軽量化などを目的とした各種材料の高強度化の流れの中で,試験機にはより高精度な試験制御が求められています。AGX-Vの高応答リアルタイムオートチューニング機能と,外乱に強い自動伸び計AEH-3HRの組み合わせは,金属材料の試験規格ISO6892:2016(JIS Z 2241:2011)のひずみ速度試験に有効に機能します。また時効試験など,2つの試験結果をもとに算出する特性値もTRAPEZIUMX-Vに搭載する機能が従来の手作業による計算作業を低減します。

高精度自動伸び計 AEH-3HR

弾性域の測定から破断伸びに至るまで,材料試験全域での伸び測定を可能とする,ISO 9513 Class1対応の伸び計です。高い分解能を備え,AGX-Vシリーズとの組み合わせでISO6892:2016(JIS Z 2241:2011)のひずみ制御に対応します。

油圧式平面つかみ具HFG形
( 100 kN , 300 kN , 600 kN )

高剛性で安定したつかみ力が発揮できる,油圧平行締めのつかみ具です。開閉操作とつかみ力変更がスマートコントローラーから実施でき,試験片取り付けガイドも備えています。さらに専用設計の油圧源を採用,間欠運転により省エネを実現しました。

 

手動式定位置くさび式
つかみ具MWG形

ハンドルを回して試験片を把持する手動式のつかみ具です。コストパフォーマンスが高く,ポピュラーなつかみ具です。つかみ歯の交換により板材だけでなく丸棒の試験にも対応します。

差動トランス式
伸び計DT形

金属,硬質プラスチックなど比較的伸びの小さい試験片のひずみ計測に使用する伸び計です。AGX-Vシリーズとの組み合わせで,電気式キャリブレーションに対応,使い勝手が向上しました。

高温試験装置

耐熱合金やセラミックスなどの高温環境試験用の加熱炉です。専用伸び計によりひずみ測定や,ひずみ制御にも対応します。試験のタクトタイムを稼ぐ2連式や,高速加熱が可能な赤外線ランプ炉,温度範囲も最大1500℃まで複数のラインナップから選定いただけます。

 

低温試験装置

脆性試験のため,液体窒素中で曲げ試験を実施する低温浸漬槽が可能です。

※接続に専用オプション品が必要な装置もあります。
 当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店までお問い合わせください。

中低容量試験の効率化に向けて

強度や伸びなどの特性が,温度や湿度の影響を大きく受ける材料においては,温湿度環境を制御した試験が重要です。雰囲気試験装置として,冷凍機式やガス噴射式など充実したラインナップをそろえ,目的に応じて選択いただけます。また多数の試験を実施する場合は,1回の試験時間の短縮が重要です。AGX-Vの高速リターン機能は,長ストローク試験での待ち時間を低減します。さらにスイッチで開閉できるつかみ具や,自動伸び計などを組み合わせることで,さらなるタクトタイム低減が実現できます。

雰囲気試験装置

高温から低温まで,常温以外の雰囲気中で引張試験,圧縮試験,曲げ試験ができる,各種の雰囲気試験装置があります。

自動伸び計SIE-560A / 560SA

つかみ具位置を自動検出し,その中間に伸び測定アームを移動するなど,各種自動機能を備えた伸び計です。試験終了時に自動で試験片から離脱し,初期位置に戻ってくることが可能でオペレーターは試験片取り付け後はすべて試験機にお任せの半自動機としての運用が可能です。±1 µmの測定精度を持つ,高精度タイプもラインナップ。

空気式平面つかみ具PFG形

足で操作するスイッチや,試験片把持後に試験を自動スタートするエアチャック連動ユニットを選定できる空圧駆動のつかみ具です。柔らかい試験片など試験中に把持部の厚さが変わっていく試験片でも安定したつかみ力を維持できます。

ストレーンゲージ式
伸び計SG形

手動式伸び計として,幅広く利用されています。ISO,JIS,ASTM規格の等級への準拠や,標線間距離,高温環境での試験などご要望に合わせて各種取りそろえています。

ビデオ式非接触
伸び計TRViewX

撮影した画像から試験片のひずみを測定する高精度非接触伸び計です。一般的な材料からフィルムなど接触式の伸び計を装着できない試験片にも対応します。

曲げたわみ計

ISO 178およびJIS K7171に準拠の曲げ試験のたわみ計です。変位計を試験片の下面に押し付け,試験中の試験片の押し込み深さを高精度に測定します。変位計を押し付け力をキャンセルする機構を備えるため,試験力の測定に影響しません。

※接続に専用オプション品が必要な装置もあります。
 当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店までお問い合わせください。

設計・開発・解析能力向上のために

高精度化したシミュレーションにはValidation & Verification(V&V)が必要となり,部品などの実製品に負荷を与える試験が実施されます。
オートチューニング機能による高精度な試験力保持,最大20chのアナログ入力機能,WEBカメラ機能は,これらの試験に有効です。またシミュレーション自体の高精度化のために実施する特殊な試験治具も,治具ラインナップからお選びいただけます。

 

二軸引張試験

ISO 16842に準拠した試験片の二軸引張試験が実施可能です。部品の組み替えにより引張比を変更することができます。

面内反転試験
(バウシンガー効果の測定)

板材を長手方向に引っ張り,塑性変形させた後負荷方向を反転し長手方向に圧縮。また再度引張方向へと板材を座屈させることなく試験することが可能です。

 
 

実物試験

圧盤や定盤を利用して,大きな部品や組立品に負荷をかける試験を実施いただくことが可能です。強度評価だけでなくシミュレーション結果の確認にもご利用いただけます。

ひずみ分布計測

試験片表面に付与した格子マークを物体変形前後で比較し,物体の変形量を調べることができます。
ビデオ式非接触伸び計TRViewXに,Real-Time Strain Viewソフトウェアを追加することで,ひずみ量をリアルタイムに二次元マッピング。全ての操作をTRAPEZIUMX-V内でシームレスに行える為簡単に操作が可能です。

※接続に専用オプション品が必要な装置もあります。
 当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店までお問い合わせください。

新素材への対応

複合材料など新しい材料開発の分野では,異種材の接合強度や,傷に対する強度の低下が評価対象となるため,ユニークな試験が必要となります。
ISO,JISだけでなくASTM規格に準拠したものや,試験システム全体としての軸心調整装置なども標準オプション装置としてラインナップしています。また,超高速サンプリングは,高脆性材料破断時の,急激な試験力低下を取り逃しません。

軸心調整システムPAS

基準試験片に貼られたひずみゲージにより,試験軸のアライメントを測定しながら,その微少なずれを最小限に調整するための装置です。ASTM E1012治具や試験片の組合せによってClass8以上の軸心の確保が可能です。

複合荷重圧縮試験治具
(CLC試験,ASTM D6641)

せん断荷重と端面荷重を組み合わせた試験方法です。

圧縮残留強度特性評価治具
(ASTM D7137)

衝撃試験によって損傷したサンプルの圧縮試験です。

MMB 試験治具
(ASTM D6671)

CFRP の層間破壊の測定用治具で,モードⅠ(開口型),モードⅡ(面内せん断型)の混合モードでの試験が実施可能です。

ダブルV-ノッチ面内せん断試験治具
(Iosipescu法,ASTM D5379)

面内せん断強さ,面内せん断破壊ひずみおよび面内せん断弾性率の測定が可能です。

V-ノッチ型レールせん断試験治具
(ASTM D7078)

90°のVノッチを上下に入れたサンプルのせん断試験です。

有孔圧縮試験治具
(OHC試験,ASTM D6484)

試験片中央に丸穴をあけた有孔試験片の圧縮試験治具です。

※接続に専用オプション品が必要な装置もあります。
 当社営業所/代理店または当社指定のサービス担当店までお問い合わせください。

Top of This Page

お問い合わせ