島津サーボパルサ用油圧源省エネルギーユニット ECUシリーズ

島津サーボパルサ用油圧源省エネルギーユニット

ECU1/ECU2

ご使用の油圧源の消費電力をご存知ですか?

従来の疲労・耐久試験機用油圧源は、最大試験力・最大速度が発揮できるように、常にフルパワーで駆動しています。
想定される試験の最大能力を満たす油圧源が選定されているため、試験条件によってはエネルギーを過剰に消費していることがあります。

油圧源省エネルギーユニットを導入いただきますと消費電力を最大50%を削減できます!

省エネルギーユニットにより、試験条件に応じて油圧源のパワーを落とす省エネ運転ができるようになります。また、試験待機中は油圧源パワーを抑えた運転を行ないます。
60Hz地区におけるECU2の場合です。(ECU1の場合最大30%となります)

ECOシミュレーション

省エネユニットを搭載することでCO2・ランニングコストの削減をすることができます。ECOシミュレーションでCO2とコストの試算ができます。

【省エネ運転による消費電力の削減】

■ 既設の油圧源に取り付け可能です

既設 油圧源(QF-A・QF-B AF シリーズ)、に取り付け可能です
(省エネ運転設定には、4830制御装置が必要です)。

■ 手元で操作できます

油圧源の省エネ設定(モータの設定周波数・供給圧力)を4830制御装置または、Windowsソフトウェアから操作できます。【特許申請中】

■ 自動で最適な省エネ運転に

油圧源省エネルギーユニットにWindowsソフトウェアを組み合わせると、自動で最適な省エネ運転を行うことができます。
目的の試験を行いつつ、効果的な省エネ運転が可能です。

省エネ運転により、エネルギーが節約できることはもちろん、油圧源の運転音が小さくなり、発熱も抑えられます。

省エネ運転による消費電力の削減

【4830形制御装置 】

【主な特長 】
●  実物体の試験に適した押し当て試験機能
「遊び」(試験力がかからない部分)のある供試体でも、試験力によるピーク値制御を安定して行なうことができます。
●  安全性を高めました
油圧源起動時の突き上げ防止機能(制御偏差を自動的にゼロにします)マニュアル操作時の過負荷防止機能が装備されています。
●  優れた操作性
試験の条件設定をタッチパネル・ジョグダイヤルにより行なえます。
試験中に試験周波数/試験力・変位等の条件変更が随時可能です。
画面表示が日本語表記で読みやすく、マニュアルなしでも操作できます。
●  高い汎用性
4台まで同期制御させて試験することができます。
X-T/X-Y/ピークグラフと多様な波形表示ができます。
PCとのUSB接続により、多彩な試験設定や高度なデータ採取が利用できます。

※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

Top of This Page