MCTシリーズ

微小圧縮試験機

微小圧縮試験機 MCT-Wシリーズ

粉体、造粒などの原材料になる粒子の強度や、プロダクト粒子の強度も重要な“物性”です。

一粒一粒の圧縮特性評価が可能です。

特長

1.ワイドな試験力レンジ

試験力高分解能タイプ[最大試験力1960mN、最大分解能2μN]と、試験力広範囲タイプ[4900mN、5μN]のシリーズを用意しています。

2.圧縮変位測定

微小材料の圧縮特性を評価するために変位高分解能タイプ(分解能0.001μm最大10μm)のシリーズと、変位広範囲タイプ(分解能0.01μm最大100μm)のシリーズを用意しています。

3.負荷・除荷試験、繰り返し試験も可能

圧縮過程だけでなく除荷過程の試験も可能であり、負荷・除荷の繰り返し試験等も可能です。

4.試料の大きさ測定機能が標準装備

試料の大きさ測定機能が標準で付属していますので、試料の幾何平均径、長さなどを得ることができます。顕微鏡倍率は、100倍・500倍です。 オプションの測長キットにてPC画面上で試料の大きさが測定可能です。

5.実環境温度試験に対応(高温システムの場合)

高温システム対応も可能です。50~250℃の温度に試料を加熱した状態で圧縮試験が可能です。

6.圧縮中試料の変形状態観察が可能(サイド観察キット付きのみ)

サイド観察キット(オプション)を取りつけますと、倍率150~480倍(17インチパソコンモニタの場合)で、試料圧縮変形の状態を観察できます。

微粒子の圧縮試験


※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

特長:仕様

Top of This Page