inspeXio SMX-225CT FPD HR Plus

マイクロフォーカスX線CTシステム

 
型名 inspeXio SMX-225CT FPD HR
X線発生器
定格 135W
最大管電圧 225kV
最大管電流 1000μA
X線検出器 フラットパネル検出器
X線検出器サイズ 16インチ
X線検出器諧調 16bit 65536諧調
最大入力解像度(オフセット走査時) 約1400万画素
搭載可能ワークサイズおよび
ワーク質量、最大投影領域
最大断面画像サイズ
2次元CT 4096 × 4096
コーンビームCT 4096 × 4096
超高速演算
処理システム
バージョン HPCinspeXio ver.3.0
画像サイズ512×512
の場合
データ収集終了から5~10秒
画像サイズ1024×1024
の場合
データ収集終了から5~10秒
撮影サポート機能
外観カメラからの位置決め
CT撮影領収書次元表示機能
おまかせCT
CTステージ 最大ストローク
SRD軸 *1 890mm
SDD軸 *2 800、1200の2段切替
CT-Z軸 300mm
走査方法 ノーマル走査、ハーフ走査、オフセット走査、FS走査 *3、2DCT *4/CBCT *5
CTデータ収集時間 10秒~60分で任意で設定可能
防衛箱寸法、質量 W2,170×D1,350×H1,857mm、約3,100kg
専用デスク寸法、質量 W1,200×D700×H1,270mm、約60kg
所要電源
本体 AC200V±10% 50/60Hz 3kVA
制御コンピューター AC100V±10% 50/60Hz 1.5kVA
接地 D種接地(接地抵抗100Ω以下)
外部漏えいX線量 1μSv/h以下
  • ※本装置の型式「inspeXio SMX-225CT FPD HR」において、CT制御ソフトウェアinspeXio64 ver.3.0を搭載したモデルにはサブネームとして「Plus」を付記しています。
  •  
  • *1 SRD軸 : Source to Rotation Center Distanceの略。X線源からワークの回転中心までの距離。
  • *2 SDD軸 : Source to Detector Distanceの略。X線源からX線検出器までの距離。
  • *3 FS走査 : Fan-Shaped Scanの略。60度、90度、120度の回転角度で断面画像を得る走査方法。
  • *4 2DCT : 2 Dimensions Computed Tomographyの略。1回のCT撮影で1枚または3枚の断面画像を得る走査方法。
  • *5 CBCT : Cone Beam Computed Tomographyの略。1回のCT撮影で数百枚の断面画像を得る走査方法。

Top of This Page

お問い合わせ