Open Solution Analytical

LabSolutions LCMS対応オプションソフトウェア Open Solutionシリーズ

1. 生産性の向上

- ログイン後,1画面でサンプル登録と分析が実行可能です。

- データブラウザソフトはサーバPCにインストールされるため,ユーザー様のPCに個別にソフトをインストールする必要がありません。

 

2. ユーザーフレンドリーな操作

- シンプルな画面構成により,短期間で操作に習熟可能です。

- データを閲覧するだけでなく,ピークを追加および削除するデータ解析も可能。レポート作成に必要な化合物ピークを選択し,質の高いレポート作成が可能です。

 

3. 堅牢なシステム

- 分析ラインの自動洗浄が可能。複数の組合せの移動相条件を切り替えてお使いいただけます。

- 分析前のカラム平衡化を自動化。複数のカラムを切り替えるカラムスイッチングが可能です。

化合物確認を簡単に

サンプル登録画面で,化合物の分子量を指定することにより,データ表示画面で簡単に化合物の確認を行なうことができます。

分析データは居室から確認

分析が終了すると,電子メールが送信されます。電子メールには,分析結果へのリンクが記載されていますので,リンクをクリックするだけで,居室にいながら専用のデータブラウザで分析結果を確認することができます。LC/PDAクロマトグラムのピークの追加や削除などのデータ解析も簡単に行えます。

自動システム管理

複数のカラムを使用して分析する場合,自動的に洗浄する機能を有しますので,カラムにダメージを与えることはありません。また,特定の曜日と時間を指定して,システムのスタートアップを行うことができますので,週明けからシステムをフル稼働できます。

簡単サンプル登録

ログイン後,1画面でサンプル登録が可能です。分析終了後,分析結果へのリンクを含む電子メールが分析者に送付されます。分析待ち時間や各サンプルの分析状況も表示されますので,装置の混雑状況を簡単に確認できます。

 

居室PCからデータを確認

メール中に記載されているリンクをクリックするだけで,専用のデータブラウザでデータを確認できます。LC/PDAクロマトグラムへのピークの追加と削除なども可能です。

居室PCへのソフトウェアのインストールは不要

居室PCからサーバーにインストールされている専用のデータブラウザを起動しますので,特別なソフトウェアを居室PCにインストールする必要はありません*。ネットワーク接続されているPCから,いつでも,どこでもデータを確認できます。
* Microsoft社から無償提供されているソフトウェアのインストールは必要

目的化合物の情報を分かり易く表示

目的化合物が見つかった場合は,クロマトグラムピークが緑色で表示されます。また,ピークの各MSスペクトルを処理し,不純物混入の可能性(SI)を表示します。

ピークの追加と削除も簡単

LC/PDAクロマトグラム上で,マウスをドラッグするとピークを追加することが可能です。また,ピーク上で右クリックしてメニューを選択し,ピークを削除することもできます。
[拡大]ボタンを押すと,LC/PDAクロマトグラムを拡大できますので,ピーク処理が容易になります。

⇒(関連製品)LC/MSソリューションシステムパッケージ一覧

Top of This Page