LCMS™-8060

高速液体クロマトグラフ質量分析計

Sensitivity

最適化したイオン導入部とそれに続く新技術UF-Qarray™により,イオンサンプリング効率とイオン収束力が格段に高まり,感度向上を実現しました。世界最高レベルの感度が革新的なアプリケーションを生み出します。
新UF-Qarrayは中央収束効果の高い高周波四重極電場を基本とするイオンガイドで,汚れに強いQarray™構造を踏襲しつつ,イオンを効果的に収束して,質量分析部へ運ぶように設計されています。イオンがイオンガイド電極から離れた中央部を通過するため,電極汚染の影響を抑制することができます。新UF-Qarrayは感度の向上と堅牢性の向上を両立させた画期的な技術であり,極低濃度でのデータの信頼性,正確性が飛躍的に高まります。

Sensitivity

農薬3成分についてLCMS-8060とLCMS-8050の比較を行いました。LCMS-8060のシグナル強度はLCMS-8050から3倍以上向上しました。一方でLCMS-8060のベースラインノイズレベルの上昇はLCMS-8050と有意差がない程度に抑えられています。これは,イオン導入効率の改善に付随するバックグラウンドノイズの上昇を,新UF-Qarrayのイオン収束力,イオン透過力向上によるイオン強度の増大が遥かに上回っていることを示しています。

農薬3成分(100 ng/mL)のMRMクロマトグラム
上段:LCMS-8060とLCMS-8050の比較
下段:ベースライン比較

LCMS-8060はMRMだけでなく,スキャンモードでも高い感度を維持しています。下図はヒト血清中のリン脂質(ホスファチジルコリン(PC)/スフィンゴミエリン(SM))のプリカーサーイオンスキャン分析の例です。試料は除タンパク後,メタノールで1000倍希釈しました。注入量は1 µL,スキャンスピード3000 u/sec で測定を行いました。8.5 - 12.5 minに注目してみると,LCMS-8060では偶数で現れるPCのプリカーサーイオンが明確にとらえられていることがわかります。

m/z184をモニターイオンとしたときのリン脂質(PC/SM)のプリカーサーイオンスキャン分析

m/z184をモニターイオンとしたときのリン脂質(PC/SM)のプリカーサーイオンスキャン分析

Top of This Page