LCMS™-8050

超高速トリプル四重極型LC/MS/MS

UFsensitivity™

微量定量をスタンダードにする高感度

Heated ESIプローブ概略図:ヒーターを最下段に配置することにより,フロントLC配管中の移動相/サンプルへの熱伝導を抑え,ノズル先端から噴霧されるスプレーを選択的かつ効率的に加熱

Heated ESIプローブ概略図

Heated ESI プローブ

ESIでは,粒子径の大きな液滴は脱溶媒が追いつかず,結果的にイオン化されずにロスとなってしまいます。新しく開発したHeated ESIプローブは,ネブライザーガスの外側から高温のガスをスプレーに吹き付けることにより,大きな液滴の脱溶媒を助け,イオン化を促進します。これにより,さらに幅広い化合物の高感度分析が可能となりました。

TestosteroneのMRMクロマトグラム

ag(アトグラム:1x10-18g)レベルでも優れた再現性

定量分析においては,感度だけでなく定量精度が不可欠です。LCMS-8050による血漿中のVerapamilの分析では,500 ag - 50 pg において非常に高精度な定量結果が得られました。また500 agでも%RSD 2.77%の優れた再現性が得られています。LCMS-8050は,複雑なマトリックス中における微量成分の定量分析でも最高のパフォーマンスを発揮します。

Verapamilの定量結果

設定濃度
ng/mL
算出濃度
ng/mL
算出濃度
%RSD( n=6)
正確さ%
(n= 6)
0.000500 0.000501 2.77 100.2
0.00500 0.00496 3.98 99.2
0.0500 0.0506 1.21 101.2
0.500 0.493 1.31 98.6
5.00 4.89 1.81 97.8
50.0 51.6 0.65 103.2
Verapamil 500アトグラムのMRMクロマトグラム

VerapamilのMRMクロマトグラム


 

Top of This Page