Shim-pack シリーズ

イオンクロマトグラフ用カラム

Shim-pack ICシリーズ

イオンクロマトグラフィーにはノンサプレッサ法とサプレッサ法があります。ノンサプレッサ法はサプレッサ法がサプレッサモジュールを要することに比べ,汎用LC システムに電気伝導度検出器を組み合わせるだけで,イオン分析が可能となる方法です。

 
ノンサプレッサ
タイプ
陰イオン分析 Shim-pack IC-A1 無機陰イオン分析用で,特に中性条件下でのリン酸イオンの分析に用います。
Shim-pack IC-A3 無機陰イオン,有機酸イオン分析用の汎用カラムです。特に弱酸性溶離液を用いることで,優れた分離選択性を示します。
陽イオン分析 Shim-pack IC-C1 アルカリ金属イオン,アルカリ土類金属,遷移金属イオン,希土類金属イオン,アルキルイオンなどの陽イオン分析に用います。
Shim-pack IC-C4 アルカリ金属イオン,アルカリ土類金属イオンの同時分析が可能で,ナトリウムイオンとアンモニウムイオンの分離を良くした汎用カラムです。
 
サプレッサタイプ 陰イオン分析 Shim-pack IC-SA2 試料中のふっ化物イオン,塩化物イオン,亜硝酸イオン,臭化物イオン,硝酸イオン,りん酸イオン,硫酸イオンなどの定量に用います。
Shim-pack IC-SA3 高い分離性能を持ち,ふっ化物イオン,塩化物イオン,亜硝酸イオン,臭化物イオン,硝酸イオン,りん酸イオン,硫酸イオンの他に,亜塩素酸イオン,塩素酸イオン,臭素酸イオンも分析対象とすることができます。
Shim-pack IC-SA4 ふっ化物イオン,塩化物イオン,亜硝酸イオン,臭化物イオン,硝酸イオン,りん酸イオン,硫酸イオンの他に,亜塩素酸イオン,塩素酸イオン,臭素酸イオンなど水質分析に要求される陰イオン成分を約20分で分離できます。
陽イオン分析 Shim-pack IC-SC1 ノンサプレッサ法,サプレッサ法どちらでも使用することができます。主に水質の分析を行う場合に適しています。

製品情報

品名 固定相 粒子径(μm) サイズ
(内径 x長さ,mm)
P/N ガードカラム
Shim-pack IC-A1 四級アンモニウム基 12.5 4.6 x 100 228-17733-91 228-17734-91
Shim-pack IC-A3 四級アンモニウム基 5 4.6 x 150 228-31076-91 228-31076-92
Shim-pack IC-A3 (S) ※1 四級アンモニウム基 5 2.0 x 150 228-33366-91
Shim-pack IC-C1 ※2 スルホ基 10 5.0 x 150 228-17737-91 228-17738-91
Shim-pack IC-C1 PEEK スルホ基 10 4.6 x 100 228-33497-91 228-33497-92
Shim-pack IC-C4 カルボキシル基 7 4.6 x 150 228-41616-91 228-59900-91
(カートリッジ+ホルダー)
228-59900-92
(カートリッジのみ)
Shim-pack IC-SA2 四級アンモニウム基 / 4.0 x 250 228-38983-91 228-38983-92
Shim-pack IC-SA3 四級アンモニウム基 / 4.0 x 250 228-41600-91 228-41600-92
Shim-pack IC-SA4 四級アンモニウム基 3.5 4.6 x 150 228-59500-91 ※3
Shim-pack IC-SC1 カルボキシル基 6 4.6 x 150 228-36605-91 228-36605-92

※1 セミミクロカラムです。パーソナルイオンアナライザPIA-1000でお使いください。
※2 アルカリ金属イオンを分析する際には,送液ポンプとインジェクタ間にプレカラムShim-pack IC-PC1(P/N:228-17744-91)のご使用をお勧めします。
※3 ガードカラムはありません。以下のプレカラムフィルターをご使用ください。
    フィルタハウジング(Filter A-356 P/N:228-50346-01),交換用フィルタ(Filter A701 P/N:228-50346-02)

 

イオンクロマトグラフ 製品紹介

 

高分離カラムを用いた陽イオン分析例

高分離カラムを用いた陽イオン分析例

Shim-pack IC-C4は,ノンサプレッサイオンクロマトグラフ用に開発された,高性能汎用タイプの陽イオン分析カラムです。ノンサプレッサイオンクロマトグラフでは,分離に使用する移動相組成のアレンジが容易ですので,広範なアプリケーション開発に応用できます。

優れたピーク対称性

“Shim-pack IC-C4”は,アルカリ金属,アルカリ土類金属イオンの分析を行うための汎用カラムで,従来製品より 2価イオンのピーク対称性を改善しています。微量分析から一般環境水まで幅広い試料の分析にご使用いただけます。

表1 Shim-pack IC-C4 の仕様
充てん剤 基材 ポリメタクリレート
イオン交換基 カルボキシル基
粒子径 7μm
カラム本体 材質 PEEK (ポリエーテルケトン)樹脂
サイズ 内径 4.6 mm, 長さ 150 mm
図1 標準試料溶液の分析
図1 標準試料溶液の分析

Na と NH4 を高分離

Na イオンのピーク形状改善により,Na イオンとNH4イオンの高分離を実現しました。高濃度Naイオン存在下におけるNH4イオンピークへの影響が少なく,一般的な水道水の濃度レベルであれば標準移動相条件で十分な分離が行えます。また,移動相に 18-クラウン- 6を少量添加することにより,さらに分離を改善することができます。

NaイオンとNH4イオンの分離(標準分離)

試薬添加による分離改善

水道水中の塩素酸分析では,検水にエチレンジアミン(EDA)を添加する前処理が行われます。この処理水で陽イオン分析を行った場合,エチレンジアミンの保持が強く分析時間が長くなるため,移動相濃度を高くして溶出を早める分析条件を設定します。
この時,移動相に 18-クラウン- 6 を少量添加することにより,全体の溶出時間を短縮した状態で,溶出の早い Na イオンと NH4イオンの分離を改善することができます。18-クラウン- 6 の添加により,NH4イオンとK イオンの溶出を選択的に遅らせることができます。

陽イオン標準溶液の高分離分析

フレキシブルな移動相選択

ノンサプレッサ方式のイオンクロマトグラフの特徴のひとつに,フレキシブルな移動相選択があります。“Shim-pack IC-C4”では,移動相組成のアレンジによる溶出制御があります。
“Shim-pack IC-C4”では,2種類の移動相を混合して使用することにより,一般的な無機陽イオン以外にも,分離が困難と思われている遷移金属類の分離も可能となります。

混合移動相による他成分同時分析

水質分析において陰イオン成分を高分離

水質分析において陰イオン成分を高分離

Shim-pack IC-SA4は,サプレッサ方式のイオンクロマトグラフで使用するために開発された陰イオン分析用カラムで,ふっ化物イオン,塩化物イオン,亜硝酸イオン,臭化物イオン,硝酸イオン,りん酸イオン,硫酸イオンの他に,亜塩素酸イオン,塩素酸イオン,臭素酸イオンなど水質分析に要求される陰イオン成分を約20分で分離できます。

水質分析に求められる高分離を実現しつつ,分析時間を短縮

3.5μmの充てん剤粒子径の採用により,水質分析に求められる多成分のイオン種の高分離を実現しました。高い分離性能を維持しながら,水質分析において保持が強い硫酸イオンを約20分で溶出できます。BrとClO3の分離を,IC-SA3より向上させています。


水質分析対象成分を高い精度で定量可能

けい酸を多く含む水試料であっても,ふっ化物イオンと確実に分離でき,定量精度を高めます。

水質分析対象成分を高い精度で定量可能
酢酸イオン

酢酸イオンは規制対象成分ではありませんが,水サンプルに含まれていることが多く,フッ化物イオンのピークに影響を及ぼすことがあります。IC-SA4は,ふっ化物イオンと酢酸イオンの確実な分離が可能です。

臭素酸分析システム専用のカラムShim-pack IC-Bromate

Shim-pack IC-Bromateは,ポリビニールアルコールに第4級アンモニウム基を化学結合させた陰イオン交換樹脂が充てんされたカラムです。臭素酸イオン(BrO3)と亜塩素酸イオン(ClO2)の分離選択性が大幅に向上した水質分析専用の高性能を用います。上水処理で使用される水道用薬品(次亜塩素酸ナトリウム)を分析する場合においても,臭素酸イオンと亜塩素酸イオンを短時間で良好に分離することが可能です。

平成16年4月1日施行の新水質基準に係わる検査方法に準拠した臭素酸分析および上水処理で使用される水道用薬品である次亜塩素酸ナトリウム中の臭素酸分析において,臭素酸イオンの近傍に溶出する亜塩素酸イオンと良好に分離することができます。

分析例

⇒ アプリケーションの詳細はこちら(会員制サイト)

製品情報

 

P/N 固定相 サイズ
(内径 × 長さ,mm)
ガードカラム
228-46884-91 四級アンモニウム基 4.0 x 150 228-46884-93
 

臭素酸分析システム 製品紹介

 

Top of This Page