GC/MS一斉分析用データベースソフトウェア

GC/MS一斉分析用データベースソフトウェア

環境分析向け

GC/MS一斉分析用データベースソフトウェア

「環境分析向け GC/MS一斉分析用データベースソフトウェア」は,ガスクロマトグラフ質量分析計 GCMS-QP2020/QP2010シリーズ 用ワークステーション GCMSsolutionのオプションソフトウェアです。第2版では登録データ数を583から942へ増強しました
(本ソフトウェア を用いたGCMS測定の流れは,測定フロー図をご参照ください)

特長

  1. 標準試料を用いることなく,有害化学物質のおおよその定量値を確認できます。
  2. 環境用は942種(第2版)の化学物質の保持時間,マススペクトル,検量線情報をデータベースに登録。 n-アルカンによる保持時間の予測と組み合わせて,信頼性の高い成分同定を支援します。
  3. 解析・レポートはGCMSsolution上で行えます。
  4. データベースの化合物情報は,容易に追加・修正が行えます。

用途

  1. 規制物質はもとより,未規制の有害化学物質の有無,および存在量の確認に。
  2. 標準試料の入手が困難な物質のおおよその定量値の把握に。
  3. 化学物質が関係した種々の事件事故における原因物質の同定や定量の迅速分析に。
  4. 定量分析の定量テーブルの簡易作成に。

機能

ソフトウェアCompound Composer は,データベースから目的成分のターゲット質量やマススペクトル,検量線など,定量分析に必要な情報を抽出し,GCMSsolution用のメソッドを作成します。 このとき,データベース中のn-アルカンの保持時間情報と,使用する装置環境でのn-アルカン測定データを用いて,目的成分の保持時間を予測しますので,GCMSsolutionでの目的成分の同定やおおよその定量を容易に行えます。
また,装置が一定以上の性能で稼働していることを確認するための装置評価用物質の情報も登録されています。

環境用データベース登録化合物

炭化水素(PAHs,PCBsなど) 194
含酸素化合物 150
含窒素化合物 113
含窒硫黄化合物 12
含リン化合物 8
PPCPs 14
農薬(殺虫剤,除草剤,殺菌剤など) 451
PPCPs;Pharmaceuticals and Personal Care Products
Compound Composer

動作環境など

対象装置  GCMS-QP2020シリーズ,GCMS-QP2010シリーズ, GCMSsolution Ver.2.21以上
動作環境  Windows®XP Professional, Windows®2000 Professional SP3以上
製品構成  一斉分析用データベース(環境用 942成分),Compound Composer
(n-アルカンや内部標準物質,装置評価用物質は別途必要になります)

注意事項

  1. データベースの定量性能は,カラムを含むGCMS装置の調整を適切に行えば,スクリーニングという面では十分な定量精度をもっていますが,試料測定の都度に検量線を作成する通常の方法と比べると定量性能は劣ります。そのため必要な場合は,別途標準液を測定して検量線を作成し定量してください。
  2. 本データベースを用いて登録物質を確実に同定するためには,製品に含まれるメソッドテンプレートファイルの装置条件にて測定してください。
  3. 含窒素化合物,カーバメート系農薬やピレスロイド系農薬など,吸着性や分解性のある化合物はカラムは試験液の状態によって定量値が真値から大きく外れてしまうことがあります。

* 本システムは,北九州市環境科学研究所と共同で開発したシステムです。


Windows®は,米国マイクロソフト社の登録商標です。

Top of This Page