操作・運転時の注意事項

3. 操作・運転時の注意事項

一般強制 すべての接続が完了していること,または出口側が閉栓されていることを確認してから水素ガスを供給してください。 火災や爆発などの大きな事故の原因になります。
 
一般強制 水素ガスが蓄積したと考えられるときは,注意して水素ガスを除去してください。 水素ガスが蓄積したまま,不用意にガスクロマトグラフの電源をONにすると爆発するおそれがあります。 水素ガス除去の方法については,緊急時の措置を参照ください。
一般強制 水素ガスの流れる流路は,使用のつど漏れのないことを確認してください。 火災や爆発などの大きな事故の原因になります。
ガス漏れ点検
一般強制 ストップバルブは少なくとも 2年に 1回は点検し,漏れが発生していたら当社に交換を依頼してください。 接続部にガス漏れ検知液を塗り,漏れがないことを確認します。
 
一般強制 停電の場合には必ず,水素ガスの供給を停止してください。 火災や爆発などの大きな事故の原因になります。 水素ガスの供給を停止する方法については,緊急時の措置を参照ください。
停電時は閉める
Top of This Page