PONA分析システム

仕様

適用試料 ナフサやガソリンなどの炭化水素の混合物
炭素数範囲はC3~C13程度,MTBE等のガソリン添加剤も分析可能
定量 炭素数別,タイプ(n-パラフィン,i-パラフィン,オレフィン,ナフテン,ジオレフィン,アロマティック,その他)別にピーク面積%,重量%,容量%で定量可能
定量結果より次の項目が計算可能
モル%,平均分子量,密度,炭素量,水素量,酸素量,オクタン価,蒸気圧,蒸留性状
分析時間 通常: 60~90分
JIS全組成: 約200分
その他 オクタン価の計算プログラムを標準搭載*1

*1 PIONA・オクタン価分析の場合,IDテーブル,各種パラメータはご自身で設定が必要となります。

Top of This Page

お問い合わせ