TNPC-4110 Plusシリーズ

逆洗ストレート式前処理器

                                           
駆動部が無いシンプルでメンテ性、堅牢製に優れた試料前処理機器です。
繊維状の物質や浮遊性の懸濁物質を含む試料に威力を発揮します。
エアを用いて採水容器内の試料を押し出し、ストレーナーを逆洗してバクテリアの繁殖や藻類の繁茂によるストレーナーの目詰まりを防ぎます。
エアの経路に殺菌剤を配置することで、バクテリアの繁殖や藻類の繁茂をさらに効果的に制御します。
採水時には、エアの流通を止め、ストレーナーを通して試料が採水容器内に入り、試料を採取します。

 

単流路懸濁試料前処理器

 

オンライン測定で最も問題となる流路閉塞などのトラブルの発生を低減します。
懸濁物質が特に多い場合に適した設計です。
  • 電気駆動式でエア源が不要です。
  • ストレーナによるごみの除去,ホモジナイザによる懸濁物の均一化,の2段階処理により,安定した測定値が得られます。
  • 試料採取時のみストレーナを通して前処理部へ試料を導入。また試料採取直後に接液部を洗浄水で洗浄。必要最小限の試料導入と速やかな洗浄により,バクテリアの繁殖や藻類の繁茂に起因したトラブルの発生を低減。さらに殺菌剤を専用ケースにセットすることでより効果的に生物由来のトラブル発生を抑えることができます。
 
※洗浄水(清水/上水)が必要です。

多流路懸濁試料前処理器

                                           
一台の装置に最大3流路まで増設可能です。
流路間のコンタミネーションが発生しにく設計です。
採水部と前処理部が分離されており、メンテナンスが容易です。
ストレーナー付きホモジナイザーを装備しています。
汚れが付着するストレーナーは試料採取時のみ接液し、採取後は速やかに洗浄されます。

 

Top of This Page