TNPC-4110 Plusシリーズ

 

オンライン全窒素・全リン計

 

第5次水質総量規制への対応でご好評をいただいたオンライン全窒素・全リン計TNPC-4110シリーズが、さらにその性能・機能に磨きをかけ、TNPC-4110Plusシリーズとしてモデルチェンジしました。

これまで同様、全窒素の測定には高い酸化分解力と干渉に強い検出力を持つ「熱分解・ケミルミ方式」を採用し、夾雑物や海水が混入する試料の測定に威力を発揮します。さらに本シリーズでは試薬と測定シーケンスを改良し、全リンの測定においても夾雑物の影響をできる限り低減し、高精度な測定を実現しています。

 

 

シリーズは全窒素・全リンを測定するTNPC-4110Plusと、これらに加え有機汚濁を測定(TOCを測定してCODに換算)できるTNPC-4110CPlusの2種をラインナップ。どちらも本体に負荷量演算機能を内蔵し、オプションの追加でSDカードへの出力に対応します。

お客様の排水管理のために、まさにパーフェクトな選択となるシリーズです。

 →  水質総量規制とは

新しい試薬と測定シーケンスで、夾雑物や塩分を含む試料にさらに強く!

  • 全窒素(TN)測定 
  • 全リン(TP)測定

有機汚濁の測定もこれ一台でOK

  • TNPC-4110C Plusは有機汚濁量も同時測定OK(TOCを測定してCODに換算)
  • TOC測定には世界中で実績が豊富な”燃焼酸化+NDIR検出方式”を採用

SDカード出力に対応

  • 測定値をSDカードへ書き出せる
  • 測定結果、負荷量、校正結果などが出力可能
  • 容易なデータハンドリングを実現

新しい試薬と測定シーケンスで、夾雑物や塩分を含む試料にさらに強く!

全窒素(TN)測定

測定には熱分解・ケミルミ方式を採用しています。試料に海水が混入するなどして金属イオンやハロゲンが含まれる場合でも、紫外線吸光高度法のように干渉を受けません。特殊な補正なども不要で、より正確な測定が可能です。

 

分析 測定原理 測定結果 総和法との差
手分析 総和法 0.59mgN/L
-
手分析 紫外線吸光高度法 0.84mgN/L 12.5%
4110 Plus 熱分解・ケミルミ方式 0.54mgN/L -2.5%

 

全リン(TP)測定

実績あるモリブテン青吸吸光高度法をベースに、試薬と測定シーケンスを改良しました。試料中の金属イオンなどの夾雑物が引き起こす測定時の異常発色を低減しています。試料の性状によらず、より正確な測定が可能です。

 

分析 測定原理(試薬・シーケンス) 測定結果 手分析との差(FS比)
手分析 ペルオキソ二硫酸カリウム分解・モリブデン青法 0.5069mgN/L
-
TNPC-4110 UV酸化・モリブデン青法(従来版) 0.6575mgN/L 15.1%
TNPC-4110 Plus UV酸化・モリブデン青法(改良版) 0.5114mgN/L 0.45%

 

 

有機汚濁の測定もこれ一台でOK

TNPC-4110C Plusは有機汚濁量も同時測定できます(TOCを測定してCODに換算)。
 
TOC測定には世界中で実績が豊富”燃焼酸化+NDIR検出方式”を採用。UV計と異なり、試料の性状によらず確実な測定が可能です。
 
 

 

SDカード出力に対応

 
 
オプションのSDカードロガーセットを使用すると、測定値をSDカードへ書き出すことができます。
 
測定結果、負荷量、校正結果などを出力します。
 
容易なデータハンドリングが、お客様の帳票作成などの作業をサポートします。
 

 

計量分配システム

シリンジポンプと2連のロータリーバルブの組合せで,採水,希釈,全試薬計量,混合,送液のすべての動作を行います。
 
部品点数自体が少なく、消耗品数の削除に成功。高い信頼性を実現します。
 

関連製品

オンラインTOC計 TOC-4200

燃焼酸化/NDIR検出方式の最新のオンラインTOC計で,水質総量規制に不可欠なCOD値への換算機能や負荷量演算機能(オプション)も用意し,また,オプションのTN測定機能を追加すれば,一台でTOCとTNを測定することもできます。 測定時間が短く,水質総量規制だけでなく,処理前の原水,処理後の排水などの管理にも最適な水質計測器です。

水質監視用紫外線吸光度自動計測器 UVM-402

工場排水や河川・湖沼などの公共水域の水の有機汚濁の程度を,紫外線の吸収から評価します。メンテナンスの軽減と使いやすさを徹底して追及した,実用的で信頼性の高い装置です。

オンライン全窒素・全りん計 TNP-4200シリーズ

全窒素・全りん計 TNP-4200シリーズは,シンプルな構成で,高信頼性を確保。省試薬で運用可能といったTNP-4110シリーズの基本性能を引継ぎ,消費電力や廃液量の削減など,ランニングコストをトータルに削減する様々な工夫によって,幅広いお客様の規制対応や環境への取組みを支援します。

水質汚濁負荷量演算器 WPC-4200

第5次水質総量規制の監視全項目(TN,TP,COD)の汚濁負荷量を演算します。事務所や集中管理室など,遠隔地でのデータ管理ができます。
従来モデルのWPC-104シリーズから,以下の特長が追加されています。

  • 大型高解像度カラー液晶タッチパネル
  • 内部メモリに,データ・運用履歴を1年以上保存可能
  • 記憶データは,再プリントやUSBメモリへの保存も可能
  • 漢字の印字で見やすい記録チャート
WPC-4200

*本製品は,株式会社 島津アクセスからの販売になります。
詳細情報はこちら ((株)島津アクセスのサイトへ)

Top of This Page