LabSolutions i-QLinks

LabSolutions i-QLinks

LabSolutions CS 試験情報管理オプション

医薬品などの品質試験においては,事前に定められた試験計画,試験条件などに基づき試験が実施され,その結果も適切に管理することが求められています。
LabSolutions i-QLinksは,試験計画や試験指図の作成,HPLCなどの分析装置によって行われた試験結果の取り込み,各種分析装置から得られた試験結果から試験レポートの自動作成や,品質試験の進捗状況を管理することができます。また,これらの一連の品質試験業務においては,i-QLinksと各種分析装置がネットワークで統合され,紙や人の手を介さずにデータをやり取りすることができます。品質試験業務の信頼性を確保するとともに,その作業効率を飛躍的に向上させることができます。

 試験業務のワークフローに沿った効率的な管理

試験責任者や担当者など操作者の役割に応じて操作に必要な画面が自動的に構成され,試験業務のワークフローに沿った作業を効率的に進めることができ,誤った操作も防ぐことができます。
また,試験の進捗状況がグラフで表示され,全体状況を容易に把握・管理することができます。

 試験業務の電子化,試験成績書作成の自動化を実現

試験担当者は,試験計画、指図の情報をWebブラウザで閲覧,確認することができます。
また,分析装置で得られたデータは自動的に試験結果に反映されるため,手作業による入力手間やミスを省くことができます。

 容易な導入と管理コストの削減

試験責任者や試験管理者は,Webブラウザですべての操作を行えるため,ソフトウェアのインストールが不要です。
また,i-QLinksのすべてのデータはLabSolutionsのデータベースで管理されるため,管理コストが削減できます。

 試験業務と分析作業のシームレスな連携

i-QLinksは,分析作業を行うLabSolutionsとシームレスに連携することができます。
i-QLinksで管理されている試験情報をもとに分析シーケンスを作成したり,試験項目や分析シーケンス,試験の生データに至るまでの情報を一元的に管理することができます。
また,分析装置で得られた分析データを自動的に転送し,試験レポートを作成することができます。電子化された分析レポート(PDFデータ)は,i-QLinksで試験情報と合わせて管理されるため,いつでも分析結果レポートを閲覧することもできます。

 試験計画・状況の可視化

進捗バーやステータス表示により試験の進捗状況が一目で確認することができます。

 データインテグリティ対応も万全

データインテグリティ対応で求められるデータやユーザーのセキュアな管理,操作ログの閲覧も行うことができます。

動作環境:本ソフトウェアの動作には、LabSolutions CS Ver. 6.84以降が必要です。

Top of This Page