NIRS-SPM

NIRS-SPM

NIRS-SPM (Statistical parametric mapping for near-infrared spectroscopy)は,韓国科学技術院(KAIST)から公開されているフリ―ソフトウェアです。

韓国科学技術院(KAIST)のNIRS-SPM紹介ページ

特長

NIRS-SPMは,fNIRS信号の統計解析のためのMATLABベースのソフトウェアです。MRIの解析で使用される(一般線形モデル(GLM)に基づいてた解析を行います。プローブ装着部位の空間解析も可能です。

必要な環境

NIRS-SPMのご利用にはNIRS-SPM(KAIST),SPM5またはSPM8(UCL),MATLAB (Mathworks社)が必要です。

【参考リンク】

NIRS-SPM
https://bispl.weebly.com/nirs-spm.html (韓国科学技術院のサイト)
「Download - NIRS-SPM」からNIRS-SPMを入手していただけます。
SPM
https://www.fil.ion.ucl.ac.uk/spm/ (UCLのサイト)
SPM5:https://www.fil.ion.ucl.ac.uk/spm/software/spm5/
SPM8:https://www.fil.ion.ucl.ac.uk/spm/software/spm8/
※現状のNIRS-SPMは,SPM12以降では動作しませんのでご注意ください。
MATLAB
https://jp.mathworks.com/products/matlab.html (MathWorks社のサイト)
※NIRS-SPMご利用の際には,PCの環境に合わせてMATLABのバージョンをダウングレードする必要があります。
※以下のツールボックスが必要です。
  • Image Processing Toolbox
  • Signal processing Toolbox
  • Statistics and Machine Learning Toolbox 
 

当社fNIRSデータの読み込み

NIRS-SPMの解析には,以下のファイルをご用意ください。
・fNIRSテキストファイル
 fNIRS計測データを「.OMM」ファイルからテキストファイルに変換してください。
 当社fNIRS計測データを読み込む際は,【Shimadzu OMM,FOIRE-3000】を選択してください。
三次元位置計測システムで取得したプローブの位置情報ファイル
 Origin.csv (基準点)およびOthers.csv (プローブ位置とチャンネル位置)のファイルが必要です。

Top of This Page