C2MAPシステム

細胞培地分析プラットフォーム

              C2MAP-2030
細胞培地分析自動前処理装置 Cell Culture Media Analysis Platform

 

 

培養上清試料用のプローブ(サンプルプローブ③)と内部標準,除タンパク剤として用いる有機溶媒用のプローブ(試薬プローブ④)が分かれており,試料間のクロスコンタミネーションを抑制します。

 

処理サンプルと測定結果のひも付けが容易

共通のサンプルIDで前処理から分析まで実行できます。

制御SW上で前処理/分析の進捗を容易に確認することが可能です。

専用ソフトウエアにより,視覚的な分析操作を実現。複雑なメソッド設定は必要ありません。

関連製品

LC/MS/MSメソッドパッケージ 細胞培養プロファイリング

高速液体クロマトグラフ質量分析計LCMS-8060/8050/8045とメソッドパッケージ細胞培養プロファイリングを組み合わせることで,手作業で前処理後,培養上清成分の多成分一斉分析が可能です。
培地成分および細胞からの分泌代謝物から成る合計125成分を20分以内に一斉分析可能です。

製品ページへ

 

LC/MS/MSメソッドパッケージ 一次代謝物

生体にとって重要な主要代謝経路の化合物を対象としたイオンペアメソッド(55成分)あるいはアミノ酸・有機酸を主な対象とした非イオンペアメソッド(97成分)のいずれかを装置環境に合わせて選択できます。

製品ページへ

LC/MS/MS MRMライブラリ リン脂質プロファイリング

生体中で主要なリン脂質を分析対象としています。リン脂質クラス決定メソッド(422成分)と脂肪酸組成決定メソッド(867成分)の二つの分析メソッドを組み合わせることで,リン脂質のプロファイリングを行います。

製品ページへ

LC/MS/MSメソッドパッケージ 脂質メディエーター

エイコサノイド類,多価不飽和脂肪酸代謝物および血小板活性化因子など主要な脂質メディエーターを含む158成分の一斉分析を可能にします。

製品ページへ

Traverse MS™

Traverse MSソフトウェアは,多検体・多成分のMRMデータを高速処理するための解析ソフトウェアです。主成分分析および階層的クラスタリング解析に利用することができます。
本ソフトウェアは、ライフィクス株式会社の製品です。

製品ページへ

マルチオミクス解析パッケージ

メタボロミクス、プロテオミクス、フラックス解析などで得られた膨大な質量分析データを自動で代謝マップに表示し、さまざまな解析を行える代謝工学向けのソフトウェアです。

製品ページへ

Top of This Page

お問い合わせ